5000万円以上資産運用

資産5000万円が見えてくる条件とは!?サラリーマンが精神的余裕が持つべく準富裕層へ向けた資産運用法を解説!

2020年9月4日

貯金5000万円生活までの道のり!500/1000/2000/3000万円から資産5000万円が見えてくる条件と運用方法を解説。

 

「5000万円」の貯金・資産を達成するには、どれくらいの長い道のりが待ち受けているのでしょうか?

大金ですので、なかなか想像し難い水準の資産とも言えます。

 

貯金5000万円を保有している世帯は日本では10%以下、そして準富裕層に位置付けられる資産家となります。

 

野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計

野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計

 

サラリーマンであれば、相当な努力を積み重ね、築いた資産と言えるのではないでしょうか?

もしくは、親の遺産、生命保険の支払いを受けた場合に達成することも少なくないでしょう。

 

しかし、地道に5000万円を貯金することは一筋縄ではいかないのが一般的です。

今回は実際に、準富裕層の称号を得られる5000万円の資産を築くまで、現在保有しているであろう資産別にシミュレーションしてみます。

 

no image

5000万円以上資産運用

2022/9/15

55〜60歳独身で貯金5000万円超えたらリタイアは可能!?本当に安全圏と言えるのかを検証

「貯金・資産が5000万円ある」などの話は、リアルの場面ですることはほとんどないのではないかと思います。 筆者はサラリーマン(とはいえクビがある外資系)として日々働いておりますが、同僚や友人と自分の資産額を話すことはほとんどありません。(なので吐き出し先としてブログをやっているのかもしれません)   しかし、以前に経営者が数人集まり会食をする場に呼んでいただいた際に、彼らはあっけらかんと自分の資産額は大体これくらいで、今後はこう事業展開、家族をどう、などと話していました。 その会食が偶然だったの ...

ReadMore

金融資産9000万円でリタイアは可能!?資産運用を活用しながら65歳で金融資産1億円を目指そう!

5000万円以上資産運用

2022/9/20

老後資金8000万円でリタイアは可能!?資産運用を活用しながら55歳〜60歳で貯蓄額1億円を目指そう!

金融資産1億円。ミリオネアになりたいと誰もが考えたことはあるかと思います。 しかし、富士山にも8合目がある通り1億円に至る過程に金融資産8000万円という局面が必ず存在します。 (いきなり宝くじにあたったり遺産を相続しない限り)   実際、筆者もまずは1億円を目指しており、現在8000万円近くの資産を有しています。 1度フルマラソンを走ったことがありますがマラソンも35キロを超えてからが地獄のような辛さでした。 資産形成も同じで8000万円保有していても近くて遠いのが1億円という金額です。 &n ...

ReadMore

5000万円以上資産運用

2022/9/19

5000万円超えたら?サラリーマンが資産運用する際に考えるべきこととは。配当金生活が楽しめる1億円以上を目指すための投資先を調査!

最近、日本でも経済的自由を手にしながら早期退職をする「FIRE」というワードが流行しています。 「辛いサラリーマン生活を終えて自由な生き方をしたい」という渇望が沸き起こってくることも無理ないことだと思います。   筆者も駐在による蓄財と資産運用によって30代にして幸運にも5000万円以上の資産を構築することができ完全リタイア(FIRE)に向けて順調に資産を伸ばしています。 手前味噌ではありますが、サラリーマンで5000万円を30代で構築するには、長い駐在期間や相場の影響もあり非常に幸運であったと ...

ReadMore

イェール大学のポートフォリオ

5000万円以上資産運用

2022/9/19

インデックス投資だけだと危険!?5000万円をエンダウメント流ポートフォリオで資産運用し安全に1億円を目指そう!

5000万円というのはセミリタイアも頭をよぎるほどの大金です。丁度、準富裕層と言われる水準になります。 しかし、まだまだセミリタイアやリタイアを考えるには早計とされる金額帯でもあります。   完全にリタイアするには老後どれだけ費用が掛かるかわからないし出来れば倍の1億円まで増やしたいなと思われる微妙な金額だと思います。   必要なモノ 【ブログ更新】貯金5000万円あったら投資はいらないって本当!?金融資産が準富裕層を超えたらセミリタイアして何年暮らせる? サラリーマンの「資産5000 ...

ReadMore

資産・貯金6000万円に到達する人はどのような属性の人が多い?リタイアは可能なのか。運用するのであればどこに?

5000万円以上資産運用

2022/9/20

金融資産として貯金6000万円では少ない?セミリイアは可能なのか?豊かな老後に向けて30代から40代が運用を考える場合に候補となる預け先について。

  「6000万円」という資産は大きな金額です。 老後2000万円問題で取り上げられている2000万円の3倍の資産ですから、一見するとなかなか裕福な老後が迎えられそうです。   資産が5000万円以上になってくると、資金の使い方や運用方法は本人のリスク許容度によって大きく変わります。 これは人生観の問題になってきます。   まだまだ増やしたいと思う人は、起業して会社を立ち上げビジネスを拡大していくための初期費用にする人もいるでしょう。 人によっては資産運用で1億円、5億円と狙 ...

ReadMore

 

貯金5000万円超えたら何年暮らせる?(独身〜5人世帯まで)

5000万円を超える資産を保有しているということは、どれくらいの期間を働かずに貯金取り崩しだけで生きていけるのでしょうか?

生活費は個人差があると思いますので、日本の一般的な生活費から考えていきます。

 

項目 単身世帯 平均額(1カ月) 2人世帯 平均額(1カ月) 3人世帯 平均額(1カ月) 4人世帯 平均額(1カ月) 5人世帯 平均額(1カ月)
住居 30,525 24,652 18,557 15,074 14,805
食料 40,235 68,273 75,667 86,316 94,596
水道光熱費 10,405 18,754 21,383 23,247 24,590
家具・家事用品 5,377 11,605 12,872 14,395 16,127
被服及び履物 6,374 8,260 9,903 12,587 13,024
保険医療 5,714 13,648 12,877 12,431 13,562
交通・通信 23,337 46,611 48,649 50,921 53,798
教育 0 854 13,088 27,789 32,136
教養娯楽 17,921 23,999 24,212 29,987 31,787
その他の消費支出 29,077 63,356 59,065 48,897 48,243
社会保険料 41,244 55,850 64,551 70,808 70,527
合計 210,209 335,862 360,824 392,452 413,195

総務省データ

 

世帯人数毎の生活費

  • 独身であれば月の生活費は21万円(年間252万円)
  • 2人世帯であれば33.6万円(年間403万円)
  • 3人世帯であれば36.8万円(年間441万円)
  • 4人世帯であれば39.2万円(年間470万円)
  • 五人世帯であれば41.3万円(年間496万円)

 

ただ、上記をみると住居費が安すぎるような気がしますが、ここはあえて割愛します。

この場合、5000万円を単純に貯金を切り崩していくのであれば、以下の年数を労働なしで生き延びることができます。

 

  • 単身世帯:19.8年
  • 2人世帯:12.4年
  • 3人世帯:11.3年
  • 4人世帯 :10.6年
  • 5人世帯:10.1年

 

東京都心の場合は住居が上記の表の金額より跳ね上がるはずなので、さらに短くなると思います。

 

5000万円までの道のりは?

それぞれの資産額で、シミュレーションをしていきたいと思います。単純な計算ですが、年数の規模感を押さえておくことは非常に重要となります。

具体的な金額として、500万円、1000万円、2000万円、3000万円の場合で考えていきます。

 

現在資産500万円を保有している場合

500万円の資産を保有している場合をまず考えてみます。

毎月頑張って10万円の貯金をした場合、残りの4500万円を貯めるにはどれくらい掛かるのでしょう?

 

  • 10万円/月×12ヶ月=120万円
  • 4500万円 ÷ 120万円 = 37.5年

 

約38年掛けてようやく5000万円です、途方に暮れる年数ですね。

 

1000万円をすでに保有している場合

1000万円をすでに保有しているとします。

毎月頑張って10万円の貯金をした場合、残りの4000万円を貯めるにはどのくらいかかるのでしょう?

 

  • 10万円/月×12ヶ月=120万円
  • 4000万円 ÷ 120万円 = 33.3年

 

約33年掛けて、ようやく5000万円ですね。

 

2000万円をすでに保有している場合

2000万円をすでに保有しているとします。

 

毎月10万円の貯金をした場合、残りの3000万円を貯めるには、

 

  • 10万円/月×12ヶ月=120万円
  • 3000万円 ÷ 120万円 = 25年

 

約25年掛けてようやく5000万円ですね。

 

3000万円をすでに保有している場合

2000万円をすでに保有しているとします。毎月10万円の貯金をした場合を考えてみましょう。

残りの3000万円を貯めるには、

 

  • 10万円/月×12ヶ月=120万円
  • 2000万円 ÷ 120万円 = 16.7年

 

約17年掛けてようやく5000万円ですね。

やはり、3000万円という大金を持ってしても、長い時間が掛かりそうです。

 

retire

 

 

貯金だけでは5000万円を築くには時間が掛かる

上記の通り、たとえ3000万円もの資産を保有しているにも関わらず、5000万円の資産到達まで17年かかってしまいます。

毎月頑張って貯金を10万円しているのに、報われていない感覚に襲われないでしょうか。

 

そして...ではなぜ富裕層の人たちはどんどん資産を大きく育てていくことに成功しているのか?

 

それは「お金に働いてもらっているから」に他なりません。人間1人で稼げる金額には限界があります。

ハリウッドの一流俳優、MLBで活躍する大谷翔平選手のような異次元の功績を残す人であれば1人でも良いです。

しかし、そのような人は世界人口の1%以下ではないでしょうか。私も含め、1人では限界があります。

 

さて、本題ですが富裕層は具体的にどのように資産を増やしているのでしょうか?

お金に働いてもらっているといえば「資産運用に成功している」ことになります。実際問題、資産運用は、人生では避けられない課題であり、富裕層だから取り組むべきものでもありません。

資産形成を考える全ての人が取り組むべきものです。

 

資産運用は毎年の利回りでリターンを出し、資産を増やすことを目的とします。資産運用の効用として大きいものが、「複利」です。

 

Compound Annual Growth Rate

 

複利のインパクトは凄まじいもので、複利を活かすために、資産運用は早く始めればその分有利であるという意見も多いです。

時間でお金を稼ぐ、という感覚です。

 

資産運用は人生設計次第で投資先が変わってきます。

急いで資産を増やしたいのであれば新興国やグロース株(成長株)などに集中投資するなどの選択肢があります。

 

これは資産が「数百万円程度」の場合の戦略と私は考えています。少額であれば、失ってもカムバックしやすいです。

200万円、300万円を失ってもほとんどの人の場合、複数年の労働で資産を回復できます。しかしまとまったお金になってくると、カムバックが難しくなります。

 

1000万円の大台に乗ってくると、リスクを果敢に取り資産を増やすよりも、安定的に複利を活用しながら時間でお金を稼ぐ方が、より堅実で着実に資産が増えていきます。

 

5000万円を目指す上で、資産1000万円の人は毎月の貯金が10万円ですと、約33年かかると上記では述べました。

しかし、元本の1000万円を効果的に、年平均利回り10%程度で複利運用していけば、33年後には2.1億円を突破します。

関連:投資で平均年利10パーセントを狙うのは難易度が高い?個人投資家が狙うべき運用利回りを考察する!

 

ここにさらに毎年の貯金が加わります(追加で運用するなどの選択肢も当然あります)。

 

33年10%複利運用

 

これはベストケースですが、資産運用の複利を生かした場合の効果を実感できるでしょう。資産を増やすには、資産運用を避けては通れないのです。

資産を築く人はとにかく資産運用への取り組みが早いです。年齢を追うごとに先に始めていた人との差が明らかになってくるので資産運用は後回しにして良い科目ではありません。

 

 

500万円の資産の人が取り組むべきこと、1000万円到達をまず目指そう

life planning

 

まずは500万円を利回り10〜15%で運用して回す、若しくは日本の小型株や新興国不動産などに投資するなどして2倍、3倍を目指します。

1000万円の大台に乗せることを意識して、資産運用に取り組みます。ただし、小型株など成長株や新興国不動産はハイリスクハイリターンです。

 

貯金で1000万円まで頑張ってみるのも、良いでしょう。私の場合は貯金と節約で1000万円まで資産を増やし、そこから本格的に資産運用を開始しました。

具体的には、日々の生活費を切り詰め、年収アップを目指し転職などもし、収入を増やし、支出を減らす生活をしばらくしていました。

 

早く資産が必要なのであれば、リスクを取る必要があります。ここは自分の人生設計と相談ですね。

しかし、やはり急がば回れ、1000万円くらいまでは貯金を頑張れば良いと思います。

 

 

1000万円を5000万円に到達させるには?

シンプルに1000万円を年利回り10%を目指し運用をしていくと、5000万円到達まで18年かかる計算です。しかし、これは毎月の貯金を考慮していない数字なのでさらに短縮できます。

 

1000万円10%運用

 

毎月10万円、年間120万円を追加投資しながら運用をしていくと、どのくらいの年数で5000万円を達成できますでしょうか?

 

1000万円10%運用+120万円/年追加投資

 

12年で達成、6年もの長い時間を短縮できました。追加投資額が大きければ大きいほどその期間は短くなります。

時間と複利効果を活用すると、ここまで資産がジャンプアップできるのです。追加投資をした場合でも12年かかる、というのはそれでも長いように感じますよね。

でも、資産を育てるのは木を育てるのと一緒で、一気に伸びたりはしません。じっくりいきましょう。

 

tree growth

 

一気に伸ばそうと思えば、日本の小型株などハイリスクを取る必要があります。

私自身、ハイリターンを目指して数百万円を小型株に投下し何倍にもしようと試みましたが、資産が半減してしまい、自分には向いてないと考え、ゆっくり資産を育てる方針に変えました。

 

むしろ資産が半減したせいで3年ほど資産運用で非常に重要な「時間」を失いました。あの失敗がなければ今頃どのくらい資産があったのだろうと、たまに思い出します。

しかし、この失敗を経て、ゆっくり資産を育てる方針が功を奏し、普段の仕事に集中しつつ、資産も同じく育っていくという好循環が生まれたのです。

 

 

10%の利回りを達成するには?高配当銘柄は正解なのか?配当生活は可能?

上記では、利回りが10%の前提でグラフを作成していますが、投資で年利回り10%というのは、実は難しいことです。簡単ではありません。

 

世界の投資家ウォーレン・バフェットという生きる偉人がおりますが、彼ですら年平均リターンは20%程度です。

一般投資家が例えば株式投資で安全に年10%利回りを目指そうと考えると、やはり高配当株投資がメインの戦略になってくると思います。

 

高配当利回りで有名なのが、JTや三井住友銀行などになってきます。しかし、高配当を出す企業がなぜ配当を出しているのかをまず理解しなければなりません。

基本的に企業は成長していくために、事業で獲得した利益を自社の事業へさらに投資していくことが必要です。

しかし、高配当を出す企業はすでに成長が止まり、フェーズとしては現状を維持していくという方針を持っています。

 

つまり、さらなる成長はなかなか見込めず、一般投資家からするとキャピタルゲイン(株式値上がり益)を獲得できないことを意味します。

また、成長が見込めず、時代の変化に応じることができずそのまま株価が低迷してしまう可能性が高いです。

 

配当をもらっていても、株価が落ちれば、資産が減少してしまうので、結果的に自分の資産は増えていないではないか、という状況になります。

 

jt

 

また、2020年の3月にあったコロナショックなどのダメージは直に受けてしまいます。

SMBC

 

私自身、高配当株は資産を増やしていくにあたり、あまり機能しないと感じ、なんとか下落相場でもリターンを獲得できる方法はないかと模索しました。

投資信託に関しても検討をしましたし、実際に投資をしつつ、調査を進めましたが思ったように資産は増えていきませんでした。

関連記事:投資信託は儲からないのはなぜ?本当におすすめの運用先とは。公募ファンドの仕組み/日米の公募投信のコスト比較 / 信託報酬(手数料)とリターンの関係

 

結果的に、運良く老舗のヘッジファンドとの出会いがあり、そちらで運用をお願いして、高い利回りで資産を増やしていけてます。

株式を中心に運用をしていくファンドであり、ファンドマネジャーの腕次第でリターンが変わる種の運用先ですが、十分にリターンが出ており満足しています。

 

投資信託とヘッジファンド(HF)は何が違う?網羅的に徹底解説!1000万円以上を運用する人はHFも検討事項。
投資信託とヘッジファンド(HF)は何が違う?網羅的に徹底解説!1000万円以上を運用する人はHFも検討事項。

  基本的に、資産運用を本気で考えている方々がまず検討するのは、株式投資、投資信託などなどでしょう。 しかし、私のように本業がサラリーマンとなると、なかなか株の個別株投資は難しいところです。 ...

続きを見る

 

株式といえば長い歴を見ると、最もリターンが高い資産ですよね。上記の高配当銘柄は例外です。日本だけなのではないでしょうか、ここまで高配当に注目しているのは。

ヘッジファンド」はなかなか日本では馴染みがありませんが、これからどんどん日本でも当たり前の運用法となっていくと思います。

 

理由は単純でリスクを最小化しながら株価指数よりも高いリターンを挙げているからです。ヘッジファンドは以下の通り暴落局面を抑制しながら高いリターンを出し続けています。

 

ヘッジファンドは下落を抑制しながら市場平均より高いリターン

 

最低出資額が1000万円となっているのが通常ですので、複利効果を生かし運用をしたいと考えている人は、検討の一つに入れてみてはどうでしょう。

例えば、筆者の場合は国内でも老舗の位置づけとなるBMキャピタルへ投資し、運用リターンを獲得しています。

 

BMキャピタルの場合は配当を出していないので、配当生活はできませんが、堅実なリターンを積み上げる形になりますので「複利リターン」を期待する投資になります。

複利のイメージはスノーボールですね。時間が経過すればするほど、そのリターンは大きくなっていきます。

snow ball

 

BMキャピタルの運用がなぜこのような複利リターンが可能かというと、下落耐性が強いことが挙げられます。

株式投資を行うトレーダーがいつもぶち当たる壁が「ドローダウンの大きさ」です。

つまり、リターンを積み重ねていても、リーマンショックやITバブル崩壊などに巻き込まれて、利益を大きく吐き出してしまうということです。株式市場の暴落を避けるのは難しく、玄人でも巻き込まれてしまうのが株式投資の常です。

 

しかし、BMキャピタルの場合はバリュー株投資を実践し、割安株投資故にアップサイド大きく、ダウンサイドが小さいという、歴史的に証明された投資手法により暴落を回避し堅実なリターンを獲得しています。

(※BMキャピタル運用イメージ)

理想的な投資先

 

BMキャピタルのファンドマネジャーは東大卒の外資証券出身の相場師であり、バリュー株戦略には欠かせないアクティビスト活動も活発に行っています。

ファンドには東大・京大卒の元財務省官僚、投資銀行、外資コンサル、総合商社出身の社員など、今後も一流ファンドへ拡大していこうという意気込みさえ伺える面々を揃えています。

 

BMキャピタルの概要は以下の通りですが、より新鮮な情報を得て出資を検討するためにも、直接ファンドに問い合わせて話を聞くのが早いかと思われます。

BMキャピタル

BMキャピタルの評価

 

 

 

まとめ

保有資産別にどのように5000万円を目指していくのかを紹介しました。

基本的には1000万円までは頑張り、そこから大きく複利を生かして資産を増やしていくことをお勧めします。

 

やはり、お金に働いてもらい資産を増やしていくというリテラシーはまだまだ多くの日本人は身についていないように感じます。

形はどうあれ相場の波にしっかり乗って、お金の不安のない人生を送っていけるようにしましょう。

 

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

no image

5000万円以上資産運用

2022/9/15

55〜60歳独身で貯金5000万円超えたらリタイアは可能!?本当に安全圏と言えるのかを検証

「貯金・資産が5000万円ある」などの話は、リアルの場面ですることはほとんどないのではないかと思います。 筆者はサラリーマン(とはいえクビがある外資系)として日々働いておりますが、同僚や友人と自分の資産額を話すことはほとんどありません。(なので吐き出し先としてブログをやっているのかもしれません)   しかし、以前に経営者が数人集まり会食をする場に呼んでいただいた際に、彼らはあっけらかんと自分の資産額は大体これくらいで、今後はこう事業展開、家族をどう、などと話していました。 その会食が偶然だったの ...

ReadMore

金融資産9000万円でリタイアは可能!?資産運用を活用しながら65歳で金融資産1億円を目指そう!

5000万円以上資産運用

2022/9/20

老後資金8000万円でリタイアは可能!?資産運用を活用しながら55歳〜60歳で貯蓄額1億円を目指そう!

金融資産1億円。ミリオネアになりたいと誰もが考えたことはあるかと思います。 しかし、富士山にも8合目がある通り1億円に至る過程に金融資産8000万円という局面が必ず存在します。 (いきなり宝くじにあたったり遺産を相続しない限り)   実際、筆者もまずは1億円を目指しており、現在8000万円近くの資産を有しています。 1度フルマラソンを走ったことがありますがマラソンも35キロを超えてからが地獄のような辛さでした。 資産形成も同じで8000万円保有していても近くて遠いのが1億円という金額です。 &n ...

ReadMore

5000万円以上資産運用

2022/9/19

5000万円超えたら?サラリーマンが資産運用する際に考えるべきこととは。配当金生活が楽しめる1億円以上を目指すための投資先を調査!

最近、日本でも経済的自由を手にしながら早期退職をする「FIRE」というワードが流行しています。 「辛いサラリーマン生活を終えて自由な生き方をしたい」という渇望が沸き起こってくることも無理ないことだと思います。   筆者も駐在による蓄財と資産運用によって30代にして幸運にも5000万円以上の資産を構築することができ完全リタイア(FIRE)に向けて順調に資産を伸ばしています。 手前味噌ではありますが、サラリーマンで5000万円を30代で構築するには、長い駐在期間や相場の影響もあり非常に幸運であったと ...

ReadMore

イェール大学のポートフォリオ

5000万円以上資産運用

2022/9/19

インデックス投資だけだと危険!?5000万円をエンダウメント流ポートフォリオで資産運用し安全に1億円を目指そう!

5000万円というのはセミリタイアも頭をよぎるほどの大金です。丁度、準富裕層と言われる水準になります。 しかし、まだまだセミリタイアやリタイアを考えるには早計とされる金額帯でもあります。   完全にリタイアするには老後どれだけ費用が掛かるかわからないし出来れば倍の1億円まで増やしたいなと思われる微妙な金額だと思います。   必要なモノ 【ブログ更新】貯金5000万円あったら投資はいらないって本当!?金融資産が準富裕層を超えたらセミリタイアして何年暮らせる? サラリーマンの「資産5000 ...

ReadMore

資産・貯金6000万円に到達する人はどのような属性の人が多い?リタイアは可能なのか。運用するのであればどこに?

5000万円以上資産運用

2022/9/20

金融資産として貯金6000万円では少ない?セミリイアは可能なのか?豊かな老後に向けて30代から40代が運用を考える場合に候補となる預け先について。

  「6000万円」という資産は大きな金額です。 老後2000万円問題で取り上げられている2000万円の3倍の資産ですから、一見するとなかなか裕福な老後が迎えられそうです。   資産が5000万円以上になってくると、資金の使い方や運用方法は本人のリスク許容度によって大きく変わります。 これは人生観の問題になってきます。   まだまだ増やしたいと思う人は、起業して会社を立ち上げビジネスを拡大していくための初期費用にする人もいるでしょう。 人によっては資産運用で1億円、5億円と狙 ...

ReadMore

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-5000万円以上資産運用

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5