完全リタイアを目指す株式投資と投資信託ブログ

30代サラリーマンの資産運用録

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは何者?わかりやすく簡単に解説。私募(プライベート)ファンド・公募ファンド(投資信託)の違いを理解しよう!!

ヘッジファンドとは何者?私募(プライベート)ファンド・公募ファンドの違いを理解しよう!

 

近年、日本の金融リテラシーの高まりから、様々な投資先が検討されるようになった気がします。

少し前までは投資といえば、日本株、FX、投資信託のみの選択肢の中で資金を投下し、いまいち資産を増やせなかったという人が後を絶ちませんでした。

 

しかし、現在は米国株や新興国株、国内ヘッジファンドなど選択肢が増えました。

特に、国内ヘッジファンドはとても身近な存在になってきたように思います。

 

ヘッジファンドとは、投資信託などと異なり大々的な広告を行わず、資金を集め高いリターンを目指す私募(プライベート)ファンドです。

 

投資信託は儲からないのはなぜ?本当におすすめの運用先とは。公募ファンドの仕組み/日米の公募投信のコスト比較 / 信託報酬(手数料)とリターンの関係

 

今日の記事では、ヘッジファンドとは何者なのか?という点の概要と「公募ファンド」「私募ファンド」の違いを網羅的に解説していきたいと思います。

最後に、どのような人が公募・私募ファンドがおすすめなのかも触れています。

 

ヘッジファンドとは何者なのか?

「ヘッジファンド」と聞くと、テレビや新聞などの影響からか株式市場で大胆な取引を行い、巨額の利益をあげている。

または、アジア通貨危機などが代表例となりますが、自社の利益を最優先に考え、世界が不況になろうが構わない、なりふり構わない運用を行う事業体というイメージが強いようです。

 

たしかにヘッジファンドは「絶対収益型」のファンドとして、市場の状況を考え柔軟に投資ポートフォリオを組み替え、利益を追求していきます。これは出資者からするととても心強いですよね。

また、ヘッジファンドの取引が理由で不況に陥るほどのことはなかなかなく、アジア通貨危機のような事象はレアケースでしょう。

 

ヘッジファンドは「私募ファンド」と呼ばれ、宣伝などを行わず、基本的にはまとまったお金のある富裕層を中心に資金を集め、運用を行っていく事業体です。

 

多くの方が身近で投資をする対象といえば、株式投資や投資信託などでしょう。

株式投資は大手証券会社に運用を頼み手数料を払う方式もあれば、ネット証券を活用して自分で銘柄選定をする方式もあります。

 

近年では、自分で楽天証券やSBI証券を開設し、自分で株を買うことが当たり前の時代になりましたね。

大手証券会社の銘柄選定はとても任せられるクオリティではなく、手数料も高すぎます。

 

投資信託であれば、投資信託が出している「目論見書」で運用方針を確認し、お金を預けることを意思決定していくことになります。

各投資信託のファンドマネジャーに自分の資金を託すことになります。購入手数料と、運用報酬という手数料を支払う必要があります。

但し、後述しますが日本の投資信託の成績はお世辞にもリターンが高いとはいえません。

 

ここまでですでに理解の早い人は勘付いているかもしれません。

大手証券会社に任せる株式投資とファンドマネジャーに預ける投資信託、どちらも手数料ビジネスであり、ビジネスモデル的に高いリターンを出す必要なく、利益があげられる仕組みとなっています。

 

ヘッジファンドの手数料体系は基本的に、運用で上げたリターンからファンドマネジャーの報酬が決定します。結果を出さなければ報酬が出ない分、運用の真剣度が異なります。

出資者からすると、間違いなくヘッジファンドが心強い存在になるでしょう。

 

公募ファンドとは?

上記まではヘッジファンドの概要について紹介しました。

ここからは具体的に公募ファンドと私募ファンドの違いについて解説していきたいと思います。

 

公募=公で募集しているということですね。そのままです。

公で募集しているファンドといえば、投資信託ですね。

 

公募投資信託(公募投信)

出所:大和アセットマネジメント

 

 

大手の証券会社、銀行などが大々的にホームページやテレビで宣伝。セミナーを開いたり、目論見書などで投資方針やポートフォリオを公表して、個人投資家を集めます。

 

最近話題になっていたCMは中井貴一、真田広之、柳沢慎吾が出ていたこれ。

 

 

松井証券もサラリーマンの心情を捉えたCMを流しています。

 

 

過去に遡ると、2006年の郵便局の投資信託のCMもありました。1万円から分散投資、プロに任せよう、と非常にシンプルですね。どれくらい資金を集めたのでしょうか。

 

 

公募ファンドは上記のようなCMのみならず、電車の吊革広告、雑誌広告、有名なビルの看板などありとあらゆるところで宣伝をしています。

大手媒体で投資家を集め、オススメの投資信託を提案し、個人投資家に商品を購入してもらい、手数料をとる。

 

これが公募ファンドのビジネスモデルです。

 

公募するからには、やはり怪しい商品を売ってはいけません。

大々的に宣伝し、資金を集め、ファンドがその資金を持ち逃げ、など絶対あってはならないことでしょう。

 

公募するからには、金融庁の審査を受け、厳しい規制の中で募集、運用することが求められます。

つまり、投資方針を市場の動きに応じて柔軟に迅速に変更することなどには向きません。

審査に時間がかかるし、リスクの高い運用も規制により封じられます。

 

加えて、公募ファンドは運用会社を管轄する金融当局や金融商品取引法などによって情報開示や配当などについて規制を受け、これまた自由度が制限されていますね。

 

つまり、公募ファンドはローリスクローリターンになりがちということです。(実際のアクティブファンドのリターンはマイナス・・・)

 

ここまでが公募ファンドについて概要でしたが、ここからは私募ファンドについて説明します。

 

私募(プライベート)ファンドとは?

私募ファンドとは宣伝などを行わず、富裕層コミュニティなどのみの中で話が回ってくるような存在です。

公募は行っておらず、テレビや雑誌などで目にすることはまずありません。

 

私募ファンドはなかなか公に出てこないので、投資すること自体が難しいです。

しかし、信頼できる私募ファンドに出会うことができればぜひ、運用を任せたいところです。

 

私募ファンドで代表的なものに、ヘッジファンド、プライベートエクイティファンド(PE)、私募REITなどがあります。

 

以下は2017年末の私募ファンドの運用残高の推移です。

2015年以降、大きく伸びており、公募ファンドより私募ファンドの方がリターンが高いと判断する投資家も増加しているように感じます。

 

私募ファンドの増加

出所:投資信託協会

 

 

上記で公募ファンドは公に宣伝し多くの投資家を集めることができる、その代わりに市場の敏感な動きに合わせて投資方針を変更できないという弱点があると話をしました。

 

私募ファンドは公に宣伝ができない代わりに、規制に縛られず、柔軟に投資方針を変更し、高いリターンの追求ができます。(空売り、デリバティブ取引、為替予約なども自由に対応、公募は制限あり)

 

この規制に縛られず自由に投資方針を変更できるというのは非常に大きなメリットです。

 

2020年に限って言えば、コロナショックが発生し、株式市場は大暴落しました。

しかし、そこから株式市場はV字回復、2020年8月現在は金(gold)などコモディティが強気相場となっています。

 

このように短期間で相場の顔色が大きく変わる中で、規制に縛られ投資方針の変更に時間のかかる公募ファンドで大きなリターンを出すのは、ファンドマネジャーがいくら優秀でも厳しいものがあります。

新型コロナが影響する相場では、柔軟な投資方針の変更が大きな強みになるのです。

 

公募ファンドと私募ファンドの違いとは?

上記までとりとめもなく解説してきましたが、追記含めまとめると以下の通りです。

 

公募ファンド:

  • 証券会社や銀行、保険会社などが様々な宣伝手法を活用し不特定多数(50人以上)の投資家を集める
  • 投資家は少額から出資可能
  • 運用成果に関わらずファンドの純資産に対して一定の信託報酬がファンドの手数料として発生

 

私募ファンド:

  • 私的な募集により大口投資家を中心に資金を集める
  • 運用における制限が緩い
  • 投資家は出資にまとまったお金が必要(国内は最低出資額が1000万円〜等)
  • ヘッジファンドであればハイリスクハイリターンを目指す運用形態(成功報酬型)

 

公募ファンドがおすすめな方はどんな人?

公募ファンド、いわゆる大手金融機関が大々的に宣伝して、投資家を集める形態のファンドがおすすめな方は以下の通りです。

 

  • 少額から投資したい
  • 大手金融機関が運用という安心感が欲しい
  • 指数連動型の投信を購入したい

 

基本的には、大手が運用している投資信託だからリターンも高いはずだ!と思う人がとても多く、これはある意味非常に深刻な問題だと思っています。

大手が募集している投資信託であれば、米国S&P500などの、株式市場が成長し続けるインデックス型投信の購入をおすすめします。

 

emaxis slim 米国株式(s&p500)などが良さそうですね。(ETFですが)

リーマンショック、チャイナショック、コロナショックなどありましたが、米国の株式市場は成長を続けています。

 

SPX500 チャート

SPX500 チャート

 

 

投資信託には上記のS&P500など指数をベンチマークとするインデックス型(パッシブ)、指数をアウトパフォームすることを目指すアクティブ型の2種類があります。

高いリターンを目指したい投資家の方はアクティブ型を選ぶべきですが、日本のアクティブ投信の運用は散々な結果になっています。

 

市場平均以上の収益をめざす「アクティブ型」の投資信託は、平均並みをめざす「パッシブ型」より運用成績が悪い。そんな報告を金融庁がまとめた。アクティブ不振の一因は、運用報酬で運営費用すらまかなえない小規模な投信の乱立。その背景には、販売会社と運用会社の強固な結びつきという独特な業界構造がある。

出所:投信「アクティブ型」不振 小規模乱立が背景 金融庁調査

 

 

指数を超えるパフォーマンスを狙いたい方は、アクティブ型の投資信託ではなく、私募ファンドでの運用を検討した方が良いでしょう。

 

 

私募ファンドがおすすめな方はどんな人?

もうすでに上記の公募ファンドがおすすめな方についての話で網羅してしまった感じがしますが、以下の通りです。

 

  • すでにまとまった資金がある
  • 多少リスクをとってでも、指数を超える大きなリターンを目指したい
  • 手数料ビジネスではない、成果報酬型で運用するファンドマネジャーに出資したい

 

なかなか私募ファンドに投資できる機会を見つけるのは難しいですが、ヘッジファンドの公式ホームページは存在するので、問い合わせは可能です。

私の場合は、社会人になってから、会社の同僚の先輩がヘッジファンドを運営しており、公私含め長い付き合いとなっており、運用方針にも共感できたので資金を預けています。

すでに3年になりますが、納得のいく結果で推移しています。

 

国内ヘッジファンドについてはまた別の記事で触れていきたいと思います。

 

 

まとめ

公募ファンドと私募ファンドの概要とそれぞれの違い、またどのような人にそれぞれのファンドがおすすめなのかを解説しました。

日本の金融リテラシー向上のため、私は資産運用についての発信をはじめましたが、今後も引き続き様々な知見を共有していきたいと思います!

 

【2020年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

以上

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-ヘッジファンド

Copyright© 30代サラリーマンの資産運用録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.