ヘッジファンド

『物言う株主』としてのアクティビスト型ヘッジファンドとバリュー株投資の相性をわかりやく解説する!

ヘッジファンド

『物言う株主』としてのアクティビスト型ヘッジファンドとバリュー株投資の相性をわかりやく解説する!

2021/2/27  

皆さん『物言う株主』英語でいうとアクティビスト型のファンドというワードを聞いたことはあるのではないでしょうか。 欧米風にいうとアクティブストとも呼ばれています。   日本で『物言う株主』とい ...

【フロンティアキャピタル】高いリターンが狙えると評判のFrontier Capitalとは?魅力的な新興国株式へ投資しよう!

ヘッジファンド

【フロンティアキャピタル】高いリターンが狙えると評判のヘッジファンド「Frontier Capital」とは?魅力的な新興国株式へ投資しよう!

2021/2/26  

日本や米国の株式は連動して動くので資産分散の観点からは両方もっていても資産分散ができているとはいえません。 しかし、先進国株と異なる動きをする株式市場もあります。それが新興国株です。   新 ...

オルタナティブ投資登場前夜!ポートフォリオ理論の進展とシステミックリスクの発見。

ヘッジファンド

オルタナティブ投資登場前夜!ポートフォリオ理論の進展とシステミックリスクの発見。

2021/2/25  

オルタナティブ投資というのは、そのまま直訳すると代替的投資ということになります。 オルタナティブ投資は1990年代から興隆し始めた投資手法で、比較的新しい先進的な投資手法となります。   オ ...

オルタナティブ資産の種類とおすすめ投資先とは?オルタナティブ投資を実践すべき理由とともにわかりやすく解説する!

ヘッジファンド

オルタナティブ資産の種類とおすすめ投資先とは?オルタナティブ投資を実践すべき理由とともにわかりやすく解説する!

2021/2/24  

オルタナティブ投資は急速に注目を集めている投資先です。 ハーバード大やイェール大のような一流エンダウメントもポートフォリオの50%以上のポーションを占めています ☞ 資産分散を行い市場平均をオーバーパ ...

no image

ヘッジファンド

私募ファンド(ヘッジファンド)購入の際に把握しておくべきリスクとは?元本割れ/流動性(ロックアップ期間)/ポンジスキーム/投資詐欺/レバレッジ

2020/8/25  

  一般的なサラリーマンであれば資産運用を考える時には、まずは「投資信託」を考えますよね。 その理由は、テレビや雑誌などに大々的に広告が打たれていることかが大きな要因かと思います。 &nbs ...

no image

ヘッジファンド

ヘッジファンド(HF)の購入・出資方法を解説。ヘッジファンド型の投資信託と私募HFの違いも。

2020/8/24  

  ヘッジファンドを購入(出資)するにあたり、どのような方法があるのでしょうか? 欧米では代表的な運用手段であるヘッジファンド。 日本ではまだまだその存在すら認知されておらず、情報も全然落ち ...

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。

ヘッジファンド

【2021年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

2021/1/13  

  老後資金構築、または自身の人生の水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると資産運用の必要性には全ての人が気づくでしょう。 ある程度の資産額までは、労働収入で事足ります。 しかし ...

海外ヘッジファンドの成績

BMキャピタル

BMキャピタルの最低出資額に届いてないけど問い合わせしても大丈夫!?詐欺の可能性を含めてわかりやすく解説する

2020/11/7  

筆者も投資している日本の老舗ヘッジファンド「BMキャピタル」。 安定したリターンがでており、下落耐性が高いことから年々注目度が高まっています。 以下で詳しくはお伝えしています。   >>BM ...

BMキャピタル流のネットネット株

BMキャピタル

ネットネット株への投資だけではない!マルチストラテジー型ヘッジファンド「BMキャピタル」の運用手法とは?

2020/11/7  

BMキャピタルは老舗のヘッジファンドです。 筆者も5年以上にわたり投資しているヘッジファンドです。以下でBMキャピタルの全体像を詳しく解説しています。   でも実際、BMキャピタルってどのよ ...

ヘッジファンドの手数料体系について解説。成果報酬/管理手数料/ハイウォーター・マーク方式

ヘッジファンド

ヘッジファンドの手数料体系について解説。投資信託とどう違う? 成果報酬/管理手数料/ハイウォーター・マーク方式

2020/11/7  

  なかなか身近ではないヘッジファンドという存在。 資金を預けたら、べらぼうに高い手数料を取られてしまうのではないかと想像してしまいます。   しかし、実態はそんなことはなく、むし ...

© 2021 30代サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5