投資信託

<買い時速報>投資のソムリエで運用するメリットとデメリットを分析!損ばかりで評判はいまいちだけど利回り・パフォーマンスは実際どう? 基準価格/購入・解約方法/手数料/(DC年金)リスク抑制型・ターゲット イヤーとの違い

2020年10月2日

投資のソムリエ

最近「投資のソムリエ」という商品があると耳にしました。

少し興味が出てきたので自分のためにアウトプットの意味でここで分析してみたいと思います。

投資のソムリエは不安定な市場環境の中でも安定して運用、という方針みたいですね。

 

「ソムリエ」と聞いた時は、「なんだワイン投資か、怪しいやつね」と思いましたが、全然異なりました。

 

ソムリエ(sommelier)は、レストランなどで働くワインの専門家で、お客様のワイン選びの手助けをします。お客様の好みや気分、予算を伺い、料理との相性を考慮して、その場に最適なワインを提案、サービスするのがソムリエの仕事です。

 

ワイン選びの手助け、を投資商品選びの手助けをするということで、ソムリエという名前にしているのですね。

それでは、中身を見ていきたいと思います。

 

関連記事:

投資信託の選び方・個別商品分析

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

 

投資のソムリエとは?

投資のソムリエ

 

交付目論見書:http://www.am-one.co.jp/fund/pdf/313860/313860_pr_d.pdf

 

[投資のソムリエ]

  • 設定日:2012年10⽉26⽇
  • 純資産:3105.46億円
  • 決算日:1、7月の各11日

 

[商品分類]

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象 地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):資産複合

 

[属性区分]

  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象 地域:グローバル (⽇本含む)
  • 投資形態:ファミリー ファンド 
  • 為替ヘッジ:あり(一部ヘッジ)

 

設定日が2012年と意外と長い期間の運用をしております。

 

[ファンドの目的]

 

信託財産の成長を図ることを目的として運用を行います。

 

[ファンドの特色]

  1. 投資環境の変化を速やかに察知し、中長期的に安定的なリターンをめざします。
  2. 基準価額の変動リスクを年率4%程度に抑えながら、安定的な基準価額の上昇をめざします。
  3. 年2回決算を行います。

 

リスクを年率4%程度に抑えての安全運用ということで、ダウンサイドは限られているファンドであることがわかります。

ダウンサイドが限られ、安定的にリターンを獲得していく哲学は私が投資をしているBMキャピタルとも通ずるところがあります。

 

>>>和製国内ヘッジファンド・BMキャピタルを徹底的に暴く。

>>>【2021年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

 

 

投資のソムリエのポートフォリオ

ポートフォリオはどのようになっているのでしょうか?

 

投資のソムリエのポートフォリオ

 

安定資産を軸に、リスク性資産で運用を行い、変動リスクの目標値を年率4%程度としています。

 

投資のソムリエの投資対象資産

 

新興国債券と新興国株式で積極的にリスクを取る形です。以下は最新の月報(2022/9/30)を元にした各資産の組入比率です。

 

資産 2022年9月30日
安定資産 国内債券 37.50%
為替ヘッジ先進国債券 21.50%
リスク性資産 新興国債券 6.50%
国内株式 7.50%
先進国株式 5.00%
新興国株式 5.50%
国内リート 4.00%
先進国リート 2.50%
現金 10.00%

 

そして以下は2月末時点の配分なのですが、リスク性資産が増加、安定資産が減少しています。この金融引き締めの時期に大丈夫だろうか?と心配になるポートフォリオの入れ替えですね。

新興国債券、国内株式、先進国株式が増加しています。

 

投資のソムリエの資産配分

 

日本国内株式の銘柄はトヨタ自動車やソニー、キーエンスなど日本を代表とする銘柄を組み入れています。国内債券パッシブマザーファンドは日本国債で安定運用を図っているのですね(ほぼ動きのない資産でしょうね)。

 

直近一年の推移は以下となっています。リスク性資産を高め、現金と安全資産の比率を下げています。

直近1年の投資のソムリエの資産配分

 

 

基準価格チャートから見る投資のソムリエ保有のメリットとデメリット(2022年の下落の理由は?)

ここからは最も気になるパフォーマンスを見ていきましょう。

まずは基準価額です。基準価額が右肩上がりになっていないファンドは基本的にパフォーマンスがよくない商品ですので、最初に目を通します。

以下は設定来の基準価額推移です。

投資のソムリエの基準価格の推移

 

 

2020年3月のコロナショックで多少影響を受けていますが、軽傷で抑えています。しかし、直近2021年末からかなり大きめの下落に見舞われています。

 

これは、世界中でインフレが発生して中央銀行が金融引き締めに転じていることが大きな背景となってます。

まだまだ引き締めは続いていますので、リスク資産を増やしているソムリエはさらに下落してしまうのではないかと懸念してしまいます。さらに債券のポジションを中途半端に削った結果、米FRBの利下げが囁かれる中、最もリターンが見込める時点でポジションを手放している動きも確認できます。

つまり、損失だけ出して利益を取れていない典型的な動きになっています。これに関しては筆者が投資のソムリエのファンドマネジャーにそのポジションの意図を聞きたいくらいです。

出所:http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2012102602

 

1年 3年(年率) 5年(年率)
トータルリターン -12.03% -2.69% -0.21%
標準偏差 5.00 3.92 3.71
シャープレシオ -2.41 -0.69 -0.06

 

デメリットは残念ながら非常に低い利回りとなっています。低い所ではなく直近5年はマイナスです。

安心して資産を預けたい、という人にはオススメの投資信託なのかもしれませんが、少しパフォーマンスが個人的には低すぎると思いますね。低すぎるというか資産が減っています。

 

これであれば、年率7%程度を狙える、全米株式に投資をするVTIなどのETFの方が良いように思います。(わざわざ投資のソムリエに投資する意味があまりない)

さらに指数を超えたパフォーマンスを安定して目指すのであればヘッジファンドなど私募ファンドが視野に入ってきます。

 

ヘッジファンドは全世界のリターンを超えたリターンを、暴落を回避しながら実現してくれていますので筆者はポートフォリオの主軸に添えています。

 

ヘッジファンドの優れたリターン

 

以下で筆者が投資しているヘッジファンドを含めておすすめのものを並べていますのでご覧ください。

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

 

話を「投資のソムリエ」に戻します。

標準偏差はリスク度を表しますが、こちらは5年で3.29-3.89と非常に低く抑えられています。

この点はメリットといえるでしょう。

 

つまり価格の変動幅は抑えられているので安心して保有することができます。ただ、安心して保有できても肝心の資産が増えないのであれば全く意味がありませんが・・・。

 

例えば、同じく新興国にリスク資産を張っているVWOの標準偏差は18.34%と非常に高いです。

リスクが低い理由は明白で、債券に相当なポーションをつぎ込んでいるからです。

 

リスクが低い反面、債券といえばコロナショックを起点として生まれた金融相場(株高)においてはリターンはほぼ皆無に等しいです。

わざわざ投資のソムリエを通して、魅力のない債券を購入するようなこのポートフォリオで運用を始めるのはクエスチョンマークです。

 

 

投資のソムリエの購入方法/解約方法/手数料

投資のソムリエは、楽天証券やSBI証券などで購入すれば良いでしょう。

目論見書をしっかり読んだ上で、購入を検討されることをお勧めします。

 

解約も、同じくネット証券で売却をすれば良いだけです。簡単です。

 

手数料は以下のみです。

信託報酬:1.54%(委託:0.715%、販売:0.77%、受託:0.055%)

購入手数料と信託財産留保額はかかりません(売買手数料無料)。

 

低いリターンの割には信託報酬が高くなっています。殆ど手数料に消えていってしまっていますね。

 

<DC年金>リスク抑制型・ターゲットイヤーとの違いは?

投資のソムリエにはいくつか種類があり、ここまでは主流の商品を紹介しましたが、以下の2つの種類の商品も存在します。

  • <DC年金>リスク抑制型
  • ターゲットイヤー(2035-2055)

 

DC年金リスク抑制型は、確定拠出年金で運用し、リスクを年率2%程度に抑えるというものですね。

目論見書:http://www.am-one.co.jp/fund/pdf/313868/313868_pr_d.pdf

 

<DC年金>リスク抑制型

1.投資環境の変化を速やかに察知し、中長期的に安定的なリターンをめざします。

2.基準価額の変動リスクを年率2%程度に抑えながら、安定的な基準価額の上昇をめざします。

 

確定拠出年金専用ファンド。主要投資対象は、国内外の公社債、株式および不動産投資信託証券(リート)。基準価額の変動リスクを年率4%程度に抑えながら、安定的な基準価額の上昇をめざすとともに、機動的配分戦略に基づき、急な投資環境の変化に対応することをめざす。外貨建資産は投資環境に応じて弾力的に対円での為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。1、7月決算。

出所:http://www.morningstar.co.jp/FundData/DetailSearchResult.do?mode=1

 

ターゲットイヤーの商品はターゲット・デート型と呼ばれ、資産配分が時間の経過により変動します。

一般的に年齢が上がるとリスク許容度は低くなるため、徐々にリスク配分を変更していく商品であるということです。

目論見書:http://www.am-one.co.jp/fund/pdf/313868/313868_pr_d.pdf

 

ターゲットイヤー(2030-2055)

主に国内外の公社債、株式および不動産投資信託証券(リート)に、マザーファンドを通じて実質的に投資し、それぞれの配分比率を適宜変更する。信託期間を資産形成期(設定日以降2035年の決算日まで)と資産安定期に分け、それぞれの期間に応じて、基準価額の目標変動リスクを変更する。外貨建資産は投資環境に応じて弾力的に対円での為替ヘッジを行い、一部または全部の為替リスクの軽減をめざす。ファミリーファンド方式で運用。1月決算。

出所:http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2017112405

 

投資のソムリエのインターネット上の評判(掲示板やSNS)

口コミをサラッと見ていきましょう。

Yahoo!ファイナンス↓

「いよいよ10000切るのも
現実的な感じかな!」

「しかし底無しだなぁ、またワースト更新」

「日本が金利あげる前に売らないと悲惨なことになりそうだな」

「初めての投資信託を狙われてM銀行の営業にまんまとやられちゃいました。。それが反省となり、それ以外の投資はお陰様で大丈夫ですが。」

「もしかすると創設時の価格より下がるんじゃないの。もうおしまいだよ」

「ここまで戻ったら諦めて売るラインを決めたけど戻るのかな
ストレスが溜まるばかり」

「もうだめだあーもうおしまいだー。一生塩漬けだー」

 

まとめ

今回は投資のソムリエについて分析してみましたが、非常に簡単にいえば、リスクが限りなく少なく、リターンも少ない商品です。

世の中には、良い商品、悪い商品など有象無象としていますが、投資のソムリエよりも良い商品は絶対あると考えております。

 

まとまった資金があるのであれば、様々な選択肢があります。自身の資産額、リスク耐性など勘案した上で、投資先を決めていきましょう。

 

 

 

投資信託の選び方・個別商品分析

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-投資信託

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5