投資信託

のむラップ・ファンド (積極型・普通型・保守型)の運用は評判通り?投信の特徴と利回りを解析

のむラップ・ファンド (積極型・普通型・保守型)の運用は評判通り?投信の特徴と利回りを解析

のむラップ・ファンドは日本金融界の重鎮、野村アセットマネジメントが販売、運用しているファンドです。

 

のむらっぷファンド

 

大手アセットマネジメントは数多くのファンドを販売していますが、全ての商品の運用成績が良いわけではありません。

じっくりみていきましょう。

 

のむラップ・ファンドの概要・特徴

複合資産への投資

米国の株式、日本の株式など、一つの特化した投信ではなく複合資産での運用となります。

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、世界各国(⽇本を含む)の不動産投資信託証券(REIT)※1 を実質的な主要投資対象※2 とします。

https://www.nomura-am.co.jp/fund/pros_gen/Y1140489.pdf

 

  • 国内株式・・・国内株式マザーファンド
  • 国内債券・・・国内債券 NOMURA-BPI 総合 マザーファンド
  • 外国株式・・・外国株式 MSCI-KOKUSAI マザーファンド
  • 外国債券・・・外国債券マザーファンド
  • 世界各国の REIT・・・世界 REIT インデックス マザーファンド

 

投資方針としては「保守型」、「やや保守型」、「普通型」、「やや積極型」、「積極型」の5つのファンドで構成されています。

投資目的や投資スタイルに合わせて、5つのコースから選べます。

 

リスクを取りたい投資家、取りたくない投資家も型を選ぶことができるのですね。ファンドラップのようです。

野村證券はファンドラップも出していますよね。

 

ファンドラップはひどい!?儲かった人は少なく大損した人が多いと評判の金融商品を野村証券のラップ口座を例に紐解く!おすすめできるのか?

 

 

「保守型」「やや保守型」「普通型」「やや積極型」「積極型」それぞれの特徴

「国内株式マザーファンド」、「外国株式 MSCI-KOKUSAI マザーファンド」、「世界 REIT インデックス マザー ファンド」への投資⽐率の合計は以下となります。

 

保守型 やや保守型 普通型 やや積極型 積極型
50%以内 60%以内 75%以内 85%以内 制限なし

 

また、各マザーファンドへの比率は以下が上限となっています。

保守型 やや保守型 普通型 やや積極型 積極型
国内株式マザーファンド 20% 25% 30% 35% 40%
国内債券NOMURA-BPI総合 マザーファンド 80% 70% 60% 50% 40%
外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンド 30% 35% 45% 50% 60%
外国債券マザーファンド 50% 50% 50% 50% 50%
世界REITインデックス マザーファンド 20% 25% 30% 35% 40%

 

積極型でも株式への投資比率上限は40%なのですね。安定運用という感じです。外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンドの比率が最も大きく、これは米国インデックスに近い運用を目指していることも見てとれますね。

「MSCIコクサイ・インデックス」は、日本を除く先進国の株価動向を示す代表的なインデックスです。日本を除く先進国22ヵ国に上場する大・中型株を構成銘柄の対象としており、時価総額でみて市場の約85%をカバーしています。

MSCIコクサイ・インデックス

 

組み入れ銘柄

2022年9月30日時点の国内株式マザーファンド上位組み入れ銘柄は以下です。

 


銘柄 業種 投資⽐率(%)
保守型 やや保守型 普通型 やや積極型 積極型
1 トヨタ⾃動⾞ 輸送⽤機器 0.3 0.4 0.5 0.5 0.4
2 ソニーグループ 電気機器 0.2 0.3 0.4 0.3 0.3
3 キーエンス 電気機器 0.2 0.2 0.3 0.3 0.2
4 ⽇本電信電話 情報・通信業 0.1 0.2 0.3 0.3 0.2
5 三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀⾏業 0.1 0.2 0.2 0.2 0.2

 

トヨタ、ソニー、キーエンスなど王道中の王道ポートフォリオとなっています。
トヨタ株価

 

外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンドの上位ポートフォリオは以下となっています。

 


銘柄 業種 投資⽐率(%)
保守型 やや保守型 普通型 やや積極型 積極型
1 APPLE INC コンピュータ・周辺機器 0.4 0.7 1.2 2 2.6
2 MICROSOFT CORP ソフトウェア 0.3 0.5 0.9 1.4 1.9
3 AMAZON.COM INC インターネット販売・通信販売 0.2 0.3 0.6 0.9 1.2
4 TESLA INC ⾃動⾞ 0.1 0.2 0.4 0.6 0.8
5 ALPHABET INC-CL A インタラクティブ・メディアおよびサービス 0.1 0.2 0.3 0.5 0.7

 

APPLE INC 株価

 

手数料

購⼊時⼿数料・・・購⼊価額に1.1%(税抜1.0%)以内で販売会社が独⾃に定める率を乗じて得た額

信託財産留保額・・・換⾦時に、基準価額に0.3%の率を乗じて得た額を1⼝あたりに換算して、換⾦する⼝数に応じてご 負担

 

信託報酬は以下です。積極型は最もリターンが良いですが、手数料も一番高いです。それだけ運用に調査、人材が掛かっているということです。

運⽤管理費⽤

 

 

運用実績・リターンはどうか?

それぞれのマザーファンドの運用リターンを比較してみましょう。

 

1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
保守型 2.60% -0.48% -0.12% -0.94% 2.63% 2.07% 4.71%
やや保守型 3.60% -0.11% 0.32% 0.06% 4.79% 3.56% --
普通型 4.82% 0.31% 0.75% 1.14% 7.15% 5.18% 8.77%
やや積極型 6.12% 1.05% 1.50% 2.31% 9.09% 6.43% --
積極型 7.03% 1.67% 2.04% 3.15% 10.99% 7.79% 11.29%

 

積極型が非常に報われていますね。MSCIコクサイが2020〜2021年でバブル相場と化したため、年率リターンが向上しています。

積極型のここ3年のリターンが非常に高くなっていますね。直近は、米国の金融引き締めに巻き込まれ、リターンはマイナスとなっています。下落耐性に課題がありそうですね。

 

運用では如何にマイナスを出さずにプラスを積み上げるかが必要になってきます。

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

 

 

それぞれのマザーファンドの口コミ評判

 

のむラップ・ファンド(保守型)

のむラップ・ファンド(普通型)

Yahooファイナンス

投稿する人が少ないのは当たり前。

・10年以上前に設定された昔ながらの高コストな投資信託
・レバがかかってないのにレバナスよりも割高な信託報酬
・今どき無料な投資信託が多い中で売却時にもかかる手数料

こちらの投資信託を購入されている方々はおそらく銀行等で勧められて購入した方が殆どだと思いますが、ハッキリ言って良いカモです。

1日でも早く低コストな投資信託に乗り換えることをお勧めします。

Yahooファイナンス

なんだかんだ、結構堅実。ここおいしいかも。

Yahooファイナンス

こちらは、あまり投稿する人がいないのですね💦
先月末に購入して覗いてみたのですが…

Yahooファイナンス

4月に購入してから、買値より上がったことがありません。失敗だったのでしょうか…心配…

 

のむラップ・ファンド(積極型)

Yahooファイナンス

予定狂った。
下がり上がり下がり上がり。
下がり時にタイミング買い増しは難しい

Yahooファイナンス

このファンド穴場ファンドだわ
手数料高いけど結果をきちんと残してくれる

Yahooファイナンス

下がってますが、コツコツ買い増し。
今年は我慢の買い増し時。

Yahooファイナンス

人気ないですね...ここ

 

今後の見通し

積極型は堅実な運用をしているように感じました。しかし、今年の米国発の株式市場の暴落にはしっかり巻き込まれており、MSCIコクサイに頼った運用、つまりインデックス投資に近い形で2020〜2021年のバブル相場に乗り利益を残してきたファンドであることがよくわかります。

インデックスが弱い時にも強いファンドこそ、運用先としては最も魅力的ですが、のむラップファンドも悪くはないと思いました。

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-投資信託

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5