完全リタイアを目指す株式投資と投資信託ブログ

30代サラリーマンの資産運用録

2000万円以上資産運用

金融資産2億円あったらサラリーマンもセミ・アーリーリタイア(FIRE)できる?資産運用はまだ必要なのかを解説

 

金融資産2億円。誰もが憧れる数字で、サラリーマン、経営者など問わず、リタイアする上で目標とする一つの基準となる金額だと思います。

 

今回は多くの人が夢見る2億円あれば、セミ・アーリーリタイアすることが出来るのか。またアーリーリタイアできたとし、果たして安泰といえるのか?

注意するべきことはあるのか?

これらの点について解説していきたいと思います。

 

セミリタイアとは?アーリーリタイア、早期リタイア

セミリタイアという言葉を2020年に入り、今まで以上によく聞くようになりましたが、どのような意味なのでしょうか。

別名では、アーリーリタイア、早期リタイアという言葉もあります。

 

セミリタイアという言葉は辞書にあるわけではありませんが、投資家の間のコンセンサスとしては、ゆとりを持った生活をしつつ、仕事でも一部収入を得るということです。

例えば、大企業や外資系のサラリーマンなどは生活よりも仕事の比重が非常に大きくなってしまっている人が多数です。

 

そのような忙しい仕事を辞めて、忙しくない、自分の時間が十分に確保できる仕事をしつつ、人生を楽しむという生き方がセミリタイアした人たちの理想です。

 

早期リタイアは企業の早期優遇退職制度を活用して、定年前に退職金を受け取り会社を退職することです。希望退職ですね。

 

アーリーリタイアは、完全に仕事を辞めて、手元の資産だけで生活をしていく状態です。多くの人が憧れるのは、当然このアーリーリタイアですよね。

 

 

老後に発生する費用って結局いくら?

セミリタイア、アーリーリタイアをする上で、老後資産はどれくらい必要なのかは把握しておく必要があります。

ここからはあくまで、今2020年現時点で考えていきます。

 

なぜ現時点でと断ったかについては、後程説明させていただきます。

現時点で退職後つまり60歳以降に必要となる金額は、1億9000万円と算定しました。

 

財務省が発表した老後2000万円報告書では、2000万円が必要であるとざっくりとした試算が出てきましたが、あれは相当に低い基準で考えられていると思います。(その後報告書自体が撤回されました)

 

老後資産は1億円で十分なのか?60歳以降の老後生活を完全なリタイアとするための資産運用の必要性を解説する!

 

そんなに老後に必要なのか?と思われた方も多いでしょう。

しかし、老後は何が起こるかわからない不透明性がつきまといます。

 

不透明な部分については保守的に算定しておく必要があります。

いざとなった時に、足りなかったでは済まされません。

 

今後の寿命の伸長、年金の相対的減額、大病を患った時の医療費等を、保守的に算定すると1億4000万円程度が必要になってくるのです。

マクロ経済スライドの影響も考えなければなりませんが、それは別の記事で触れたいと思います。

 

2億円でアーリーリタイアはできるのか? 50歳で2億円あった場合。

先程老後の費用は1億4000万円なので、60歳時点で1億4000万円以上があれば『現時点で』リタイアは可能となります。

 

ただ定年まで会社で働くのは勘弁してほしい。

出来れば50歳にはリタイアしたい。

 

このように考えられている方も多いのではないでしょうか。

 

その場合、単純に引き算で50歳~60歳で6000万円で過ごせばよく、且つ早期退職者には退職金が多くでることを考えると、10年間8000万円で生活できればリタイアすることが出来ます。

年間800万円以内で夫婦で過ごせば良いので、よっぽど贅沢をしない限りは可能な水準といえるでしょう。

 

リタイアを阻む最大の要因 変化する経済・金融環境

2億円とは確かに大きな資産です。

2億円あれば現在の環境が継続すれば、セミリタイアは十分にできます。

セミリタイアはハードワークを辞めて必要最低限の収入を得つつ、余裕のある暮らしをすることですね。

 

アーリーリタイアは、完全に仕事を辞めて悠々自適の生活をすることですが、こちらも2億円あれば十分に可能となってくるでしょう。

 

しかし、完全に大丈夫であるとは言い難いです。

 

世の中、30年の間には何が起こるかわかりません。今から30年前といえば1988年で日本はバブル絶頂。

 

まさかその後に光の見えない不況期が30年間も継続することは、当時の人は誰も予測できなかったことでしょう。

 

経済の環境や金融環境は目まぐるしく変わっていくものであり、現在の金融・経済環境が継続すると考える方が寧ろ不自然となります。

2020年はコロナウィルス感染拡大騒動で、株式市場は超低金利政策により成長を続けていますが、経済の実態はボロボロです。

 

どこが引き金になり、我々の生活に影響が出てくるのかはまだまだ読めません。

軽率に資産を食い潰して生活をしていくことはできませんね。

 

2億円を安全に運用しつつ、インカムゲインで過ごせば老後資金はさらに増える

2億円ほどあれば、元本が大きいので、安全に運用することができればさらに資産を大きくしていくことができます。

流石に2億円あっても定期預金などの低金利では死に金となっているだけなのでお勧めしません。

 

以下はリスクリターン別の資産運用方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてみください。

1000万円単位で考えてみると、様々な資産運用法があることがわかります。

 

【リスクリターン別】1000万円おすすめ資産運用先大全 定期預金/保険積立/投資信託/ヘッジファンド/不動産投資/FX/国債/インデックス投資

 

あまり投資先選定に自信がない場合は、プロに運用を任せるヘッジファンドなども選択肢に入れて良いと思います。

国内では最低出資額が1000万円からですので、2億円あれば十分すぎるくらいに条件をクリアしています。

 

 

2億円の資産を作る方法

上記までは2億円の資産があった場合、セミリタイア・アーリーリタイアは可能なのかを論じてきました。

2億円を具体的にどう作っていくのかというと、やはり年収を上げる努力をする、1000万円を作る、1000万円からしっかり運用をしていき、時間を使ってリターンを生み出す、これがセオリーだと思います。

 

資産を大幅に短期間で増やすには、サラリーマンでは厳しいです。

短期で増やすには、起業をするか株式、FXなどの短期且つレバレッジをかけた、ハイリスクハイリターンの投資をしていくしかありません。

新興国投資もありますが、こちらもハイリスクハイリターンですので相当勉強した上で投資を実行していく必要があります。

 

コツコツ型であれば、1000万円を10%の利回りで回しつつ、120万円を毎年追加し複利を活かせば、12年ほどで5000万円に到達します。

投資は早ければ早いほど良いです。5000万円まで到達すると、これで複利なしでも10%の利回りで毎年500万円のリターンを見込めます。

追加投資で加速させていくと良いでしょう。

 

1000万円10%運用+120万円/年追加投資

 

10%のリターンというと、個人ではインデックス投資などをしていては達成できる水準ではないので、やはり成績の良い投資信託、またはヘッジファンドで運用が現実的かもしれません。

投資は長期間、継続してリターンを出すということが非常に大事です。たまに株式投資で一年だけ成績が良いという人もいますが、継続して勝つのがプロです。

 

 

【2020年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-2000万円以上資産運用

Copyright© 30代サラリーマンの資産運用録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.