1億円以上の資産運用

資産2億円〜3億円以上あったらセミリタイアは可能?40歳〜50歳であればFIREが可能か検証!

2020年9月16日

純金融資産2億円〜3億円以上あったらサラリーマンもセミリタイア(FIRE)生活可能?何年暮らせる?投資・運用はまだ必要なのかなどの疑問を一挙に解消

金融資産2億円〜3億円。誰もが憧れる数字で、サラリーマン、経営者など問わず、リタイアする上で目標とする一つの基準となる金額だと思います。

富裕層の水準である1億円の更に2倍〜3倍の金額ですからね。

東京に住んでいても「2億円〜3億円以上の資産があればリタイアできるかもしれない!」と希望を持っている方も多いと思います。

 

今回は多くの人が夢見る2億円〜3億円という金融資産を起点に以下の点について解説していきたいと思います。

__________________

  • アーリーリタイアすることが出来るのか?
  • またアーリーリタイアできたとし、果たして安泰といえるのか?
  • 注意するべきことはあるのか?

__________________

 

【2023年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。
【2024年・日本優良ヘッジファンド一覧!】おすすめ運用先ランキング

資産運用の世界に足を踏み入れることは、多くの人が避けて通れない道です。特に、貯金が1000万円を超えた瞬間、その資産の増加の遅さに心を痛める方も少なくありません。 このような状況に直面した際、資産運用 ...

続きを見る

資金は1億5000万円確保すればリタイアできる?資産1億円以上が実現できる生活レベルで豊かなFIREまでの道筋をつけよう!

1億円以上の資産運用

2023/12/27

老後資金は1億5000万円確保すればリタイアできる?資産1億円以上が実現できる生活レベルで豊かなFIREまでの道筋をつけよう!

筆者は現在30代の半ばに差し掛かりますが、資産1億円を超えたところで漸く定義上の富裕層に到達することができました。 現在は2億円以上ありますが、正直現役世代で尚且つ東京で子供を2人育てているので全くリタイアする水準には届いていません。東京で子育てをしている現役世代がリタイアするためには最低でも2億円、できれば3億円は金融資産が欲しいと以下の記事で分析いたしました。 → 純金融資産2億円〜3億円以上あったらサラリーマンもセミリタイア(FIRE)生活可能?何年暮らせる?投資・運用はまだ必要なのかなどの疑問を一 ...

ReadMore

【完全リタイア生活】資産5億円保有している超富裕層の割合は?億り人向け運用はあるのか?

1億円以上の資産運用

2023/4/7

資産5億円保有している超富裕層は完全にリタイアして生活することは可能?裕福に暮らして何年暮らせる?

資産が5億円を越え始めてくると、大きく人生観も変わってくるものでしょう。まず経済的な心配、ストレスからは解き放たれていることだと思います。 そもそも資産が5億円を超える方というのは1000人に1人という水準であり、才能や運に恵まれた人物であることは間違いないと思います。   しかし、世の中は広く、上には上がいますよね。筆者もシンガポールや香港に出張し富裕層の方々と話をする機会が多々ありましたが、動かせる金額が100億単位だったりと強烈な印象を持った記憶が蘇ります。 そのような方々も、代々祖先から ...

ReadMore

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

1億円以上の資産運用

2024/1/21

10年〜20年で1億円貯めるシミュレーション!年利7パーセントで着実に達成しよう!

「資産1億円」とは誰しもが憧れる目標の1つではないでしょうか? 筆者も社会人として働き始めたことから1億円を目標として資産形成を行ってきました。40近くになりようやく1億円という資産を達成することができましたが、結構長い道のりでした。 ただ、首都圏に住んでいると1億円ではまだまだ十分ではないのも事実で愕然としています。(田舎に移住すればリタイアも可能です。)  1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説 1億円を資産運用する ...

ReadMore

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

1億円以上の資産運用

2023/12/27

1億円あったら何年暮らせる?すぐなくなる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な預け先はどこになるのかをわかりやすく解説

「1億円の資産(金融資産・貯金)」を構築する、というのは一つの夢ですよね。 1億円にまだ届いていない方は、「1億円あったら何ができるのか?働かずにどれくらい暮らすことができるのか?」などと夢を膨らませて想像している方も多いのではないでしょうか。   筆者も2億円を達成する水準まで来ておりますが、実際にリタイアを現実味を持って考えるようになったのは1億円を超えようとした時でした。 今回の記事では、1億円あれば何年暮らすことができるのか?結局、一生働かずにリタイア生活するには何億あればよいのか? と ...

ReadMore

55歳で資産1億円を形成してリタイアするのは妥当か?早期退職で後悔しないための考え方を解説する。

1億円以上の資産運用

2024/1/17

55歳で貯金1億円でリタイア(FIRE)して後悔しない?夫婦で60歳より前に早期退職するならいくらあれば辞められる?

最近「FIRE」という言葉が流行しています。FIREとは「Financial Independence and Early Retirement」の略で経済的自由を手にして早期退職という意味です。 FIREという言葉が流行する前には「早期退職」や「リタイアメント」「配当生活」などという言葉が一般的だったのではないでしょうか。名前が変わっただけですね。   FIREは30代、場合によっては20代で仕事を辞め、運用のみで生活することを目指す人も多いです。 しかし、少し早く老後のセカンドライフを楽しみ ...

ReadMore

 

セミリタイアとは?アーリーリタイア(=早期リタイア・FIRE)との違いとは?

セミリタイア」という言葉を2020年に入り、今まで以上によく聞くようになりました。

どのような意味なのでしょうか?

同じリタイアでもアーリーリタイア(=早期リタイア)という言葉もあります。

 

セミリタイアという言葉は辞書にあるわけではありません。しかし、投資家の間のコンセンサスとしては、ゆとりを持った生活をしつつ仕事でも一部収入を得るということです。

例えば、大企業や外資系のサラリーマンなどは生活よりも仕事の比重が非常に大きくなってしまっている人が多数です。

 

そのような忙しい仕事を辞めて、忙しくない自分の時間が十分に確保できる仕事をしつつ、人生を楽しむという生き方がセミリタイアした人たちの理想です。

セミリタイア生活

セミリタイア生活

 

早期リタイアは企業の早期優遇退職制度を活用して、定年前に退職金を受け取り会社を退職することです。希望退職ですね。

 

アーリーリタイアは完全に仕事を辞めて手元の資産だけで生活をしていく状態です。多くの人が憧れるのは、当然このアーリーリタイアですよね。

最近ではFIREとも言います。Financial Independence, Retire Early」の略ですが、アーリーリタイアと大きく意味は変わりません。

 

関連記事...

 

50歳〜60歳の人は知っておきたい!老後に発生する費用って結局いくら?

セミリタイア、アーリーリタイアをする上で老後資産はどれくらい必要なのかは把握しておく必要があります。ここからはあくまで2024年現時点で考えていきます。なぜ現時点でと断ったかについては、後程説明させていただきます。

現時点で退職後つまり60歳以降に必要となる金額は、以下の記事で2億1000万円と算定しました。

 

金融資産1億円で豊かな老後の生活費は賄えるのか?60〜65歳以降をゆとりある完全リタイア(利息生活)とするための「老後資金構築の必要性」を解説する!
【CMAブログ】貯蓄1億円で豊かな老後の生活費は賄えるのか?60歳〜65歳で定年退職して後悔せずゆとりある完全リタイアする為の老後資金を構築しよう!

あなたが資産運用を行う理由で最も大きいのが、「老後」に対する不安なのではないでしょうか? 果たしていくら貯めれば老後の生活を安穏として暮らせるのか、ということを考えてしまいますよね。   そ ...

続きを見る

 

財務省が発表した「老後2000万円報告書」では「老後は2000万円が必要である」とざっくりとした試算が出てきました。

しかし、この試算結果は相当低い基準の生活費を根拠に考えられていると思います。そして、その後報告書自体が後に撤回されました。

 

「老後2000万円が必要」という根拠は単純な掛け算で求められます。

総務省の調査によれば高齢夫婦無職世帯の家計収支は月間の不足分は54,519円となります。

これは年間では約65万円(54,519円×12ヶ月)となります。

 

高齢夫婦無職世帯の家計収支

 

100歳まで生きると考えると65歳から35年間なので年間不足金額65万円と掛け合わせることで約2000万円となります。

しかし、上記の表を見ていただければ一目瞭然ですが、非常に少ない金額の項目が数多く存在しています。

 

消費支出を金額ベースで表として纏めると以下となります。

 

消費支出 金額 調整後金額
食料 65,760 100,000
住居 16,608 150,000
光熱・水道 19,526 20,000
家具・家事用品 10,324 10,000
被覆および履物 4,938 10,000
保険医療 16,159 15,000
交通・通信 25,137 28,000
教養娯楽 19,301 30,000
交際費 20,648 100,000
その他の支出 25,810 27,000
非消費支出 30,664 30,000
合計 255,100円 520,000円

 

食料や住居や、教養娯楽などが明らかに低く見積もられています。これらを適正に見積もった上で発生する月額の支出は520,000円、年額では約620万円となります。

特に交際費や住居は2億円ある方をベースに考えています。

 

年間650万円で65歳から100歳までの35年間生き抜いたとすると約2億2000万円が必要となってきます。

もちろん、この2億2000万円は純粋な支出額であり、受け取る年金を考える必要があります。

以下は勤続期間の平均年収に応じた年間の年金受給額になります。

 

勤続期間平均年収 35年勤続前提の年額年金受給額
200万円 117万円2200円
300万円 135万円6400円
400万円 154万円600円
500万円 174万円7700円
600万円 193万円1900円
700万円 211万円6100円

参照:日経WOMAN

 

基本的に2億円以上の資産を構築している方は勤続期間の平均年収は当然高いことが想定されますので211万6100円を前提として想定します。

妻が専業主婦の場合はここに国民年金の78万9000円を加えた金額となります。

旦那年金 211万6100円
妻年金 78万9000円
年間年金受給合計 290万5100円
35年間受給合計 1億1678万円

 

支出の2億2000万円と差し引くことで約1億円が不足するという結果になりました。

 

そんなに老後に必要なのかと思われた方も多いでしょう。しかし、老後は何が起こるかわからない不透明性がつきまといます。

リタイアするにあたっては保守的な水準で見積もっておいた方がよいのです。

(関連) 老後資産は1億円で十分なのか?60歳以降の老後生活を完全なリタイアとするための資産運用の必要性を解説する!

 

40歳〜50歳で貯金2億円あればアーリーリタイア(=早期退職)はできるのか?

先程老後の費用は1億円と算出したので、60歳時点で1億円以上があれば『現時点で』リタイアは可能となります。

さきほどは年金受給が可能となる65歳以上で考えました。しかし60歳の退職時に退職金を受け取れば60歳〜65歳は取り崩しで生活できるので60歳時点で1億円あれば問題ありません。

 

ただ、この記事をご覧の方の本音は以下ではないでしょうか?

「定年まで会社で働くのは勘弁してほしい。50歳できれば40歳で早期リタイアしたい。」

では貯金2億円あれば早期退職は可能なのかという点について検証していきましょう。

 

50代の生活費はいくら?2億円あればリタイアは可能?

まず50歳でリタイアできるかを考えて見ましょう。

その場合、単純に引き算で50歳~60歳で1億円で過ごせば60歳時点で1億円を温存できます。

 

年間1000万円以内で夫婦で過ごせば良いので、よっぽど贅沢をしない限りは可能な水準といえるでしょう。

以下は先ほどのデータの勤労者世帯の生活費のデータです。

勤労世帯の家計収支

50代ということで子供が巣立った前提で調整したものが以下となります。

項目 金額 調整(夫婦2人)
食料 125,141 100,000
住居 31,532 200,000
光熱・水道 33,995 30,000
家具・家事用品 20,200 20,000
被覆および履物 16,751 15,000
保険医療 20,693 20,000
交通・通信 78,829 50,000
教育 30,546 0
教養娯楽 43,849 40,000
交際費 21,185 100,000
その他の支出 69,961 70,000
合計(月額) 492,681 645,000
合計(年額) 5,912,172
591万円
7,740,000
774万円

 

どれだけ裕福に暮らしたとしても年間1000万円あれば事足りることがわかります。50歳代の10年間で8000万円となります。

50歳時点で2億円あればリタイアは現実のものとなります。しかし、50代といえば企業でも管理職として事業の核になる世代です。

ここまで来たら、最後までサラリーマンとして駆け抜け、良い仲間と共にリタイアするのはいかがでしょうか。

辞めても実はあまり良いことがない、という人を筆者はたくさん見てきています。

 

 

40歳で貯金2億円あればリタイアするべき?

上記でも述べましたし、こちらは筆者の考えになりますが、40代は資産がどれだけあろうとも筆者は働くべきだと思います。

当然、サラリーマンとしてでも、経営者としてでもです。30代、40代は人生で最大の働き盛りであり、報酬が最も高い時期であると共に最も貴重な経験、仲間ができる時期とも言えます。

資産形成の面では働き続けた方が有利であるのは言うまでもないですね。

 

40代はなにより子供がいます。50代の時に比べて必要となる費用も多くなります。人生で一番お金がかかる時期ですね。

先ほどの年間生活費についても子供が2人いた場合で洗い替えたものが以下となります。

 

項目 40代(夫婦+子供2人) 50代(夫婦)
食料 160,000 100,000
住居 200,000 200,000
光熱・水道 30,000 30,000
家具・家事用品 20,000 20,000
被覆および履物 30,000 15,000
保険医療 30,000 20,000
交通・通信 70,000 50,000
教育 100,000 0
教養娯楽 60,000 40,000
交際費 100,000 100,000
その他の支出 80,000 70,000
合計(月額) 880,000 645,000
合計(年額) 10,560,000
1056万円
7,740,000
774万円

 

年間1000万円超えで驚愕している方も多いと思います。しかし、実際、筆者が東京で子供2人に十分な教育をうけさせながら豊かに暮らした肌感として妥当な水準です。

40代以降で必要となる費用は以下となります。保守的に55歳で子供が大学を巣立つという前提で算出しています。

 

40歳-55歳 1億5840万円
55歳-60歳 3870万円
60歳以降 1億円
合計 2億9710万円(約3億円)

 

約3億円あればアーリーリタイアすることは可能になります。あくまで現在の金融環境が続けばの話ですが。

関連:貯金はいくらあれば安心?40〜50代の生活費と利回り生活するための投資・資産運用の元本を確認

 

現在2024年の世界を生きている皆さんなら身にしみていると思いますが本格的にインフレが発生しています。

必ずしも3億円あれば安心というのは早計です。この点については次の項目で詳しくお伝えします。

 

筆者は30代など若くして完全リタイアをした人達も見てきましたが総じて働くことをやめたことを後悔しています。

当然多くの人が「労働」を嫌がりますが、何かを成し遂げようと考えた時に、資本、仲間は必須事項になるからです。

リタイアしてしまうと1から交友関係を築かなければならない場合がほとんです。社会から隔離され、労働がなくなり楽な生活ではありますが、すぐに飽きます。

 

消費だけの人生なんてつまらないので、結局生産(事業創出など)をしたいと考える人がほとんどなのです。人間は社会的な生き物ですし、パートナーや子供がいても孤独感は拭えません。

そして孤独はストレスとなり、いつの間にか自分の寿命を縮めています。

 

50代以降であれば、40代後半まで働いた経験、貯蓄、仲間が十分存在する水準と言えます。完全リタイアを本格的に考えてもいいのかもしれません。

人生100年時代、早々に仕事を辞める理由はもはやないのです。自身が満足のいく労働をできるだけ続けていきましょう。

 

リタイアを阻む最大の要因とは?本格的に迫るインフレ時代を考えよう

2億円〜3億円とは確かに大きな資産です。2億円あれば50代でリタイアは可能ですし、3億円あれば現在の環境が継続すれば40代であってもアーリーリタイアは十分にできます。

 

しかし、「完全に大丈夫である」とは言い難いです。理由はさきほど軽くお伝えしたインフレが本格的に襲いかかっているからです。

インフレとはモノやサービスの価格が上昇することです。言い換えるなら現金の価値が減少することを意味します。

インフレとデフレを図解

 

日本ではバブル崩壊以降デフレが続いていたのでインフレの脅威を完全に忘れていました。

しかし、2020年のパンデミックを機に世界中でお金を刷りまくった結果、「お金」の価値が暴落して2021年末から激しいインフレが欧米を中心に発生しました。

 

2022年は日本はなんとか耐えていたのですが、インフレが円安と原油高などを通して海外から2023年にはいり本格的に輸入されました。

結果として現在2024年時点では米国よりも高いインフレとなってしまっています。

日米のインフレ率の推移

そして、このインフレは一過性ではありません。構造的な要因をはらんでいるからです。

金本位制から世界の経済システムを脱却してから世界の「お金」の総量は増加し続けています。

 

何か聞きが発生しては「お金」をすって問題を先送りするのが世界の常識になっているのです。

すると、今後もモノやサービスに対して現金の価値は下落し続けます。食料やエネルギーを輸入に大きく依存している日本にも円安を伴ってインフレは津波のように襲ってきます。

今後数十年を考えた時に現在とは比にならない物価になっている可能性があります。ただ、現金で保有しているのは大きなリスクを背負っていることになります。

関連:対策必須!日本で発生するスタグフレーションに強い資産とは?原因は何?金ではヘッジにならない?

 

2億円を安全に運用しつつインカムゲインで過ごせば老後資金はさらに増える!3億円も射程圏内に!

2億円ほどあれば、元本が大きいので、安全に運用することができればさらに資産を大きくしていくことができます。

流石に2億円あっても定期預金などの低金利では死に金となっているだけなのでお勧めしません。

 

以下はリスクリターン別の資産運用方法について紹介していますので、ぜひ参考にしてみください。

1000万円単位で考えてみると、様々な資産運用法があることがわかります。

 

あまり投資先選定に自信がない場合は、プロに運用を任せるヘッジファンドなども選択肢に入れて良いと思います。

国内では最低出資額が1000万円からですので、2億円あれば十分すぎるくらいに条件をクリアしています。

 

【2023年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。
【2024年・日本優良ヘッジファンド一覧!】おすすめ運用先ランキング

資産運用の世界に足を踏み入れることは、多くの人が避けて通れない道です。特に、貯金が1000万円を超えた瞬間、その資産の増加の遅さに心を痛める方も少なくありません。 このような状況に直面した際、資産運用 ...

続きを見る

 

 

〜番外編〜2億円の資産を作る方法

上記までは2億円の資産があった場合、セミリタイア・アーリーリタイアは可能なのかを論じてきました。2億円を具体的にどう作っていけばいいのでしょうか?

やはり年収を上げる努力をする、1000万円を作る、1000万円からしっかり運用をしていき、時間を使ってリターンを生み出す。これがセオリーだと思います。

資産を大幅に短期間で増やすには、サラリーマンでは厳しいです。

 

短期で増やすには、起業をするか株式、FXなどの短期且つレバレッジをかけた、ハイリスクハイリターンの投資をしていくしかありません。新興国投資もありますが、こちらもハイリスクハイリターンですので相当勉強した上で投資を実行していく必要があります。

失敗した時は、それ相応の覚悟が必要です。一般的には、富を築くにはビジネスオーナーになる、もしくは投資で大成功するくらいしかありません。しかし、2億円はサラリーマンでもコツコツ頑張れば到達する金額でもあり、夢があります。

 

レバをかける・効かせるとは!?「レバレッジ」の意味、かけ方の種類(株/FX/ビジネス)と仕組みをわかりやすく解説。
レバをかける・効かせるとは!?「レバレッジ」の意味、かけ方の種類(株/FX/ビジネス)と仕組みをわかりやすく解説。

レバレッジをかける と聞くと皆さんが頭に思い浮かべるのはFXなのではないでしょうか。しかし、FXだけではありません。   今回はそもそもレバレッジをかけるとはどういうことを指すのか、どのよう ...

続きを見る

人気のレバレッジ投資信託をメリットやデメリットから解剖!知られざるリスク(=危険性)についてもわかりやすく解説する!
人気のレバレッジ投資信託をメリットやデメリットから解剖!知られざるリスク(=危険性)についてもわかりやすく解説する!

最近日本では毎月分配型投資信託と並んで、レバレッジ運用型の投資信託が流行してきております。 ☞ 危ない?悪くない?不労所得生活を実現できると噂の「毎月分配型」投資信託は最強なのだろうか。メリット・デメ ...

続きを見る

 

コツコツ型であれば、1000万円を10%の利回りで回しつつ、120万円を毎年追加し複利を活かせば、12年ほどで5000万円に到達します。投資は早ければ早いほど良いです。

5000万円まで到達すると、これで複利なしでも10%の利回りで毎年500万円のリターンを見込めます。追加投資で加速させていくと良いでしょう。

1000万円10%運用+120万円/年追加投資

 

10%のリターンというと、個人ではインデックス投資などをしていては達成できる水準ではないので、やはり成績の良い投資信託、またはヘッジファンドで運用が現実的かもしれません。(後続参照)

投資は長期間、継続してリターンを出すということが非常に大事です。たまに株式投資で一年だけ成績が良いという人もいますが、継続して勝つのがプロです。

 

下落を回避して安定して資産を形成するヘッジファンドという選択肢

下落を回避して安定的なリターンを目指す投資先としてヘッジファンドがあります。ヘッジファンドときくとハイリスクハイリターンの投資先と誤解されている方もいらっしゃいますが実態は違います。

ヘッジファンドは株式市場が下落する局面でも回避したり抑制させながら安定したリターンを叩き出して投資家の期待に応えています。

以下がヘッジファンドと株式インデックスの比較となります。

 

ヘッジファンドは下落を抑制しながら市場平均より高いリターン

 

ヘッジファンドときけば海外のヘッジファンドを思い浮かべる方も多いと思います。海外には「ブリッジウォーターアソシエイツ」や「ルネッサンステクノロジー」のような著名ファンドが存在しています。

これらのファンドは基本的に機関投資家のみを顧客としています。ブリッジウォーターは投資可能な資産が75億ドルつまり金融資産約1兆円を保有している法人又は個人を対象としています。

日本でいうと孫正義氏や柳井正氏くらいしか個人では投資できませんね。

 

しかし、日本にはまさに上記のような下落を回避しながら安定したリターンを出しているファンドが存在しています。

それが筆者も投資しているBMキャピタルです。BMキャピタルは以下の特徴があります。

BMキャピタルの特徴

  • 過去10年間1度も年度ベースで下落したことはなし
  • 年率10%程度の安定的なリターン
  • 東大卒外資系金融機関出身のエリート(現役で上場企業役員も務める)が運用を担当
  • 最低出資金額は1000万円と個人投資家も手が届く水準

 

財務諸表を徹底的に精査して、解散価値よりも低い金額で取引されている「普通ではありえないレベルの割安銘柄」に投資をする本格的バリュー株投資を採用し下落耐性を確保しています。

更に株式を大量に購入して大株主として発言権を得て「物言う株主」として経営陣に提言して実行させ能動的に株価を引き上げる施策を実行していっています。

敏腕のエリートファンドマネージャーが理論に裏打ちされた手法で運用を行い安定的なリターンを叩き出しているのです。

 

ヘッジファンドは秘匿性が高くネット証券などで購入することはできません。詳しい運用実績や投資戦略については実際に面談(オンライン面談も可能)を行なって伺うことができます。

興味のある方は以前の私のように以下の公式ページから問い合わせてみるとよいでしょう。

BMキャピタル

BMキャピタルの特徴

 

 

更に詳しくBMキャピタルについて知りたい方はこちらから。

 

基本的に、ヘッジファンド選びで成功の秘訣は過去の実績を見て、「如何に損失をミニマイズできているか」に特化して見ることだと筆者は考えています。

世界の著名ファンドを見ても、ウォーレン・バフェットも運用開始から35年間マイナスなし、ジョージ・ソロス氏の右腕、スタンレー・ドラッケンミラー氏も引退するまで12年間クォンタム・ファンドでマイナスを出したことがありませんでした。

マイナスを出さないということは複利効果が最大化されるということです。単年の派手なリターンに注目して、無用な投資はできるだけ避けるようにしましょう。

The Impact of Compounding Interest

 

【2023年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。
【2024年・日本優良ヘッジファンド一覧!】おすすめ運用先ランキング

資産運用の世界に足を踏み入れることは、多くの人が避けて通れない道です。特に、貯金が1000万円を超えた瞬間、その資産の増加の遅さに心を痛める方も少なくありません。 このような状況に直面した際、資産運用 ...

続きを見る

 

まとめ

今回は資産2-3億円あればリタイアは可能なのかについて論じてきました。世の中の移り変わりは早く、世界のボーダーが低くなったことにより、安泰な時代というものは中々訪れません。資産数億円程度では、本当に精神的な余裕があるリタイア生活を送れるかというと、そうでもないことがわかりました。

そもそも労働ができるということ自体が財産でもありますので、夢がないかもしれません。

しかし容易にリタイア生活を選ぶようなことはしないでおきましょう。取り返しのつかないことをしてしまうことだけは避けましょう。

 

【2023年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。
【2024年・日本優良ヘッジファンド一覧!】おすすめ運用先ランキング

資産運用の世界に足を踏み入れることは、多くの人が避けて通れない道です。特に、貯金が1000万円を超えた瞬間、その資産の増加の遅さに心を痛める方も少なくありません。 このような状況に直面した際、資産運用 ...

続きを見る

資金は1億5000万円確保すればリタイアできる?資産1億円以上が実現できる生活レベルで豊かなFIREまでの道筋をつけよう!

1億円以上の資産運用

2023/12/27

老後資金は1億5000万円確保すればリタイアできる?資産1億円以上が実現できる生活レベルで豊かなFIREまでの道筋をつけよう!

筆者は現在30代の半ばに差し掛かりますが、資産1億円を超えたところで漸く定義上の富裕層に到達することができました。 現在は2億円以上ありますが、正直現役世代で尚且つ東京で子供を2人育てているので全くリタイアする水準には届いていません。東京で子育てをしている現役世代がリタイアするためには最低でも2億円、できれば3億円は金融資産が欲しいと以下の記事で分析いたしました。 → 純金融資産2億円〜3億円以上あったらサラリーマンもセミリタイア(FIRE)生活可能?何年暮らせる?投資・運用はまだ必要なのかなどの疑問を一 ...

ReadMore

【完全リタイア生活】資産5億円保有している超富裕層の割合は?億り人向け運用はあるのか?

1億円以上の資産運用

2023/4/7

資産5億円保有している超富裕層は完全にリタイアして生活することは可能?裕福に暮らして何年暮らせる?

資産が5億円を越え始めてくると、大きく人生観も変わってくるものでしょう。まず経済的な心配、ストレスからは解き放たれていることだと思います。 そもそも資産が5億円を超える方というのは1000人に1人という水準であり、才能や運に恵まれた人物であることは間違いないと思います。   しかし、世の中は広く、上には上がいますよね。筆者もシンガポールや香港に出張し富裕層の方々と話をする機会が多々ありましたが、動かせる金額が100億単位だったりと強烈な印象を持った記憶が蘇ります。 そのような方々も、代々祖先から ...

ReadMore

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

1億円以上の資産運用

2024/1/21

10年〜20年で1億円貯めるシミュレーション!年利7パーセントで着実に達成しよう!

「資産1億円」とは誰しもが憧れる目標の1つではないでしょうか? 筆者も社会人として働き始めたことから1億円を目標として資産形成を行ってきました。40近くになりようやく1億円という資産を達成することができましたが、結構長い道のりでした。 ただ、首都圏に住んでいると1億円ではまだまだ十分ではないのも事実で愕然としています。(田舎に移住すればリタイアも可能です。)  1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説 1億円を資産運用する ...

ReadMore

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

1億円以上の資産運用

2023/12/27

1億円あったら何年暮らせる?すぐなくなる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な預け先はどこになるのかをわかりやすく解説

「1億円の資産(金融資産・貯金)」を構築する、というのは一つの夢ですよね。 1億円にまだ届いていない方は、「1億円あったら何ができるのか?働かずにどれくらい暮らすことができるのか?」などと夢を膨らませて想像している方も多いのではないでしょうか。   筆者も2億円を達成する水準まで来ておりますが、実際にリタイアを現実味を持って考えるようになったのは1億円を超えようとした時でした。 今回の記事では、1億円あれば何年暮らすことができるのか?結局、一生働かずにリタイア生活するには何億あればよいのか? と ...

ReadMore

55歳で資産1億円を形成してリタイアするのは妥当か?早期退職で後悔しないための考え方を解説する。

1億円以上の資産運用

2024/1/17

55歳で貯金1億円でリタイア(FIRE)して後悔しない?夫婦で60歳より前に早期退職するならいくらあれば辞められる?

最近「FIRE」という言葉が流行しています。FIREとは「Financial Independence and Early Retirement」の略で経済的自由を手にして早期退職という意味です。 FIREという言葉が流行する前には「早期退職」や「リタイアメント」「配当生活」などという言葉が一般的だったのではないでしょうか。名前が変わっただけですね。   FIREは30代、場合によっては20代で仕事を辞め、運用のみで生活することを目指す人も多いです。 しかし、少し早く老後のセカンドライフを楽しみ ...

ReadMore

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-1億円以上の資産運用
-, , ,

© 2024 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5