1億円以上の資産運用

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

2022年5月22日

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生暮らせる?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

1億円の資産(金融資産・貯金)」を構築する、というのは一つの夢ですよね。

1億円にまだ届いていない方は、1億円あったら何ができるのか?働かずにどれくらい暮らすことができるのか?

・・・などと夢を膨らませて想像している方も多いのではないでしょうか。

 

筆者ももうすぐ1億円を達成する水準まで来ており、現実味を持って考えるようになりました。

今回の記事では、1億円あれば何年暮らすことができるのか?

結局、一生働かずにリタイア生活するには何億あればよいのか? という点を含めて考察していきたいと思います。

 

結論としては、「1億では都会で暮らしていくのは厳しい、一生働かずに暮らせる金額ではない」というものになります。

では、前置きが長くなりましたが本文に移っていきましょう。

 

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

1億円以上の資産運用

2022/11/11

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

資産1億円というのは誰しもが憧れる目標の1つではないでしょうか。 筆者も社会人として働き始めたことから1億円を目標として資産形成を行ってきました。 40近くになりようやく1億円という資産を達成することができましたが、結構長い道のりでした。 ただ、首都圏に住んでいると1億円ではまだまだ十分ではないのも事実で愕然としています。(田舎に移住すればリタイアも可能です。) → 1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説   ...

ReadMore

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生暮らせる?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

1億円以上の資産運用

2022/9/23

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

「1億円の資産(金融資産・貯金)」を構築する、というのは一つの夢ですよね。 1億円にまだ届いていない方は、1億円あったら何ができるのか?働かずにどれくらい暮らすことができるのか? ・・・などと夢を膨らませて想像している方も多いのではないでしょうか。   筆者ももうすぐ1億円を達成する水準まで来ており、現実味を持って考えるようになりました。 今回の記事では、1億円あれば何年暮らすことができるのか? 結局、一生働かずにリタイア生活するには何億あればよいのか? という点を含めて考察していきたいと思いま ...

ReadMore

55歳で資産1億円を形成してリタイアするのは妥当か?早期退職で後悔しないための考え方を解説する。

1億円以上の資産運用

2022/9/20

55歳で資産・貯金1億円でリタイア(FIRE)するのは妥当?いくらあれば辞められる?60歳を前に早期退職して夫婦で後悔しないための考え方を解説。

最近「FIRE」という言葉が流行しています。 FIREとは「Financial Independence and Early Retirement」の略で経済的自由を手にして早期退職という意味です。   FIREという言葉が流行する前には「早期退職」や「リタイアメント」、などという言葉が一般的だったのではないでしょうか。 FIREでは30代、場合によっては20代で仕事を辞めることを目指す人も多いです。 しかし、少し早く老後のセカンドライフを楽しみたいという気持ちから、55歳で早期退職を狙う人が多 ...

ReadMore

10億円を保有する大富豪におすすめの資産運用法とは?エンダウメント流長期安定運用を目指そう!

1億円以上の資産運用

2022/9/27

10億円を保有する超富裕層(5億円以上)におすすめの資産運用法とは?リタイア生活者が実施すべき運用について

「10億円。」圧倒的な資産ですよね。 サラリーマンの生涯収入が2億円~6億円なので全て蓄えたとしても10億円に到達することは出来ません。 通常の労働に勤しむだけでは決して到達できない域といっても過言ではないでしょう。   10億円を蓄えられた方というのは、事業で成功された方や元々資産家の家に生まれた方などごく一部の方なのではないでしょうか。 本日は10億円という資産があった場合は、どのような資産を運用していくのがよいか?という点について考え方を含めてお伝えしていきたいと思います。   ...

ReadMore

1億円あったらどんな資産運用ポートフォリオを組むべき?BMキャピタルなどヘッジファンドを含め本格リタイア生活に向けておすすめの投資先を紹介。

1億円以上の資産運用

2022/9/26

1億円を資産運用する場合のおすすめの投資ポートフォリオ(堅実な利回り)とは?BMキャピタルなどヘッジファンドを含めリタイア・FIRE生活に向けた預け先、シミュレーションを紹介。

「1億円」という資産。そう簡単に到達できる資産ではないですよね。 筆者の場合、大学時代は1億円を掴むことは人生ではないと思っていました。   しかし、社会人として10年以上生活する中で意外と資産をしっかり運用していると意外とたどり着ける境地であることを知りました。 「絶対に無理だ」と考えていたことが、ただの固定観念だったことを痛感します。そしてこの固定観念が筆者の資産運用の加速を妨げました。   人間も国も、「どんなことでも実現可能だ」と思うことがとても大切であると筆者は学びました。 ...

ReadMore

 

そもそも1年間の生活費はいくらになる?

1億円あれば何年暮らせるのかを計算するために、まずは「1年間でいくら必要か」を考える必要があります。

 

総務省のデータから必要となる生活費は2人以上の勤労者世帯で「約520万円」、高齢無職世帯で「約310万円」

総務省の統計によると以下の通り、勤労者世帯では月433,993円、高齢者含む無職世帯では月262,207円となります。

年額で考えると勤労者世帯では約520万円、高齢無職世帯では約310万円となります。

 

最新の消費支出

参照:総務省

 

勤労者世帯の消費支出の内訳は以下となります。

消費支出の内訳

内訳 金額
食費 82,044
住居 21,464
光熱・水道費 30,566
家具・家事用品 13,109
被服費 13,813
保険医療費 14,090
交通・通信費 57,471
教育 20,567
教養娯楽 31,604
その他消費支出 58,958
非消費支出 90,308

 

あくまで上記は世の中の平均ということになります。

 

但し、1億円以上構築している方であれば生活水準が高いことが想定されます。

一度上げてしまった生活水準は下げることはできませんからね。そのため、各ケースについて想定消費金額を考察していきたいと思います。

 

勤労者世帯で高水準の生活を維持するには年間約900万円が必要

資産1億円を形成した方の生活水準から考えると、以下が妥当な金額ではないでしょうか?

 

内訳 金額
食費 82,044

100,000
住居 21,464

150,000
光熱・水道費 30,566
家具・家事用品 13,109
被服費 13,813

50,000
保険医療費 14,090
交通・通信費 57,471
教育 20,567

100,000
教養娯楽 31,604

100,000
その他消費支出 58,958
非消費支出 90,308
合計 764,502

 

当然、それなりに高い家賃のところに住んでいるでしょうし、子供の養育費も相当な金額が必要となってきます。

東京では小学生の塾でも毎月1人10万円かかりますからね。

 

毎月76万円、つまり年間にすると約900万円ということになります。東京に居住している方であれば、特に違和感のない数値なのではないでしょうか?

 

高齢無職世帯で高水準の生活を維持するには年間約320万円が必要

以下は平均的な高齢無職世帯の消費支出です。

 

内訳 金額
食費 74,335
住居 12,174
光熱・水道費 30,621
家具・家事用品 8,584
被服費 4,842
保険医療費 15,994
交通・通信費 29,920
教育 561
教養娯楽 23,296
その他消費支出 47,878
非消費支出 14,004
合計 262,209円

 

先ほどと同様に、1億円以上の資産を保有している方の生活水準に調整したものが以下となります。

 

高齢無職世帯の消費支出

内訳 金額
食費 74,335

100,000
住居 12,174

120,000
光熱・水道費 30,621
家具・家事用品 8,584
被服費 4,842
保険医療費 15,994

30,000
交通・通信費 29,920
教育 561
教養娯楽 23,296

50,000
その他消費支出 47,878
非消費支出 14,004
合計 436,410円

 

毎月43.6万円つまり年間にすると約520万円ということになります。

ただ、ここか受け取る年金を加味して差し引く必要があります。以下は現在の厚生年金の平均月額は約15万円となってます。

 

厚生年金の平均月額

 

旦那がサラリーマンで妻が専業主婦の場合、旦那は厚生年金で、妻は国民年金となります。以下は妻の国民年金の金額です。

国民年金の平均金額は約5.5万円となります。

 

国民年金の平均金額

 

夫婦の合計需給額は約20.5万円となります。

 

年額にすると246万円ですが、ここから保険料と税金を差し引いて約200万円が妥当な水準といえるでしょう。

年間必要経費520万円から年金支給額200万円を差し引くと320万円となります。

 

 

結局1億円で何年/何億円あれば利息で一生暮らせる、リタイア(FIRE)できるのか?結論は50〜55歳時点で2億円

今までのポイントを纏めると1億円で暮らすことができる期間は以下となります。

 

勤労世帯 高齢無職世帯
年間必要経費 900万円 320万円
暮らせる年数 11年〜12年 31年〜32年

 

老後であれば十分働かずに豊かな暮らしを全うすることができます。

→ 55歳で資産1億円を形成してリタイアするのは妥当か?早期退職で後悔しないための考え方を解説する。

 

しかし、子供がいて費用が多くかかる現役世代ではせいぜい10年ちょっとしか暮らすことはできません。

リタイアを行うのは時期尚早ということになるかと思います。実際、筆者も50〜55歳時点で2億円を目指して資産形成をおこなっています。

 

50〜55歳時点で2億円あれば10年間で1億円を消費しても、老後に1億円を残すことができますからね。

さらに大きい金額である2億円〜3億円についての記事は以下にまとめております。

金融資産2億円〜3億円あったらサラリーマンもセミリタイア(FIRE)生活可能?何年暮らせる?投資・運用はまだ必要なのかなどの疑問を一挙に解消
純金融資産2億円〜3億円以上あったらサラリーマンもセミリタイア(FIRE)生活可能?何年暮らせる?投資・運用はまだ必要なのかなどの疑問を一挙に解消

金融資産2億円。 誰もが憧れる数字で、サラリーマン、経営者など問わず、リタイアする上で目標とする一つの基準となる金額だと思います。   今回は多くの人が夢見る、2億円という金融資産を起点に以 ...

続きを見る

 

 

(運用コラム)1億円あったらできること!賢い使い方は?

今まで1億円を生活費として費やすことで、何年生活できるかという観点でお伝えしてきました。

少し、息抜きを兼ねて1億円あった場合にできることをお伝えしていきたいと思います。

 

中央区や千代田区や港区ではかないませんが、荒川区や葛飾区や足立区などの都内の東側であれば4LDKでタワーマンションを購入することが可能です。

 

東京都のタワーマンション

 

夢のタワマン生活が実現可能というわけですね。

カナルファーストタワー

 

ちなみに車で考えると、富裕層の象徴であるランボルギーニも余裕で購入することができます。

しかし、車で3000万円から4000万円というのは衝撃的ですね。もはや動く不動産です。実際にこれらのラグジュアリーカーはリセールバリューが高いです。お金持ちほどお金を使わないというのは、価値のあるものを購入し、そして売却してまた価値のあるものを買う、というカラクリがあるからです。

著しく消費が少ないんですよね。

ランボルギーニの価格

 

世界一周のクルーズだとどうでしょうか。

世界一周クルーズ

 

旅行代金は部屋によりますが、ロイヤルスイートで3000万円となります。夫婦で6000万円ですね。有り余る資金があるなら人生の思い出に嗜みたいものです。

世界一周クルーズの金額

 

しかし、上記は賢い1億円の使い方とは言えません。

マンションや高級車も、もしかしたらリターンを生むかもしれませんが、それは一つの投資と言え、成功させるには十分な知識と経験が必要です。

 

マンションに関してはもはやローンを組んだほうが良いでしょう。わざわざまとまった運用が可能になる1億円を使う必要はありません。

それでは、ここで本題に戻りたいと思います。

 

 

1億円を増やして2億円を目指そう!資産運用の預け先は?適正利回りは?

結論、1億円という資産があるのであれば2億円を目指すべきです。

そんなにお金があってどうするの?と否定する人もいますが、現実はお金はあればあるほど自分、家族、子孫の人生の選択肢が広がります。

 

また、他人にはできない体験、経験を積む機会に恵まれます。一般人ではできないチャレンジ(事業など)も可能です。

 

資産1000万円で10%のリターンを出しても、100万円しか資本収入を得ることができません。

しかし、1億円の資産を運用して10%のリターンを出せば1000万円の資本収入を得ることができます。

 

元本が大きくなればなるほど資産運用の効果は大きくなるのです。

→ 1億円あったらどんな資産運用・投資ポートフォリオを組むべき?BMキャピタルなどヘッジファンドを含め本格リタイア生活に向けておすすめの預け先を紹介。

 

1億円を10%で運用することができれば7年で倍増することができます。

 

1億円を年率10%で運用した場合の資産推移

資産推移(億円)
現在 1.00
1年後 1.10
2年後 1.21
3年後 1.33
4年後 1.46
5年後 1.61
6年後 1.77
7年後 1.95
8年後 2.14

 

ただ、ここで重要なのは株式市場で右肩あがりで上昇するのは難しいということです。

以下は世界全体の株式の動きを表したものです。(バンガード社のETFであるVTのチャートです。)

頻繁に大きな下落を被っています。現在2022年もまさに下落の真っ最中ですね。

全世界株式のチャート

 

 

1億円保有していることを想像していただければ分かると思いますが、1億円が20%下落しただけでも8000万円になります。

仮にリーマンショックのように50%下落したら5000万円になってしまいます。

 

口でいうのは簡単ですが想像したら吐き気を催すことと思います。資産額が大きくなればなるほど、暴落時の精神的打撃は大きくなるのです。

そして、人間は間違った判断をしてしまうものです。全て株価の大底で売り払ってしまい、そこから株価は急回復に向かうなどもあり得ます。

また、急回復かと思い再度飛びつき、高値掴みの形で投信を買ってしまい、そこから本当の暴落が始まるというのもよくあることです。

 

それだけで大きく資産を失ってしまいます。ただ保有してじっとしているだけでも、分かっていても本当に難しいのです。インデックス投資ですら成功者がそれほど多くないのは、こういった背景があります。目立っている人々は成功者バイアスであることを肝に銘じましょう。

 

できれば、右肩あがりのリターンを期待したいというのが本音かと思います。

確かに既存の投資先ではなかなか実現が難しいのですが、オルタナティブ投資という先進的な投資手法であれば可能となります。

 

このような運用先として筆者が利用しているのがヘッジファンドです。ヘッジファンドは全世界株を圧倒するリターンをあげながらも低いリスクで右肩上がりの上昇を実現しています。

 

ヘッジファンドの優れたリターン

 

世界最大のヘッジファンドといえば、レイダリオ氏がポートフォリオマネジャーを務めるブリッジウォーターです。同社には多くの機関投資家や富裕層の投資が相次ぎ、今では大規模な資金を預けられる機関投資家しか運用を受け入れていません。

ブリッジウォーターの運用リターン推移はというと、以下の通り真っ直ぐに右肩上がりです。

Bridgewater Associates return

 

本来、卓越した運用リターンとは「損をしない」ことがスタート地点になります。

多くのトレーダーが大きなリターンを上げられないのは、ほとんどが暴落に巻き込まれ大きな損失を出してしまうことが起因します。

 

暴落を避けるとは本当に難しいのですが、ヘッジファンドはどんな相場でも収益機会を求め、柔軟にポートフォリオを動かしています。

当然ファンドマネジャーの才覚にも左右されますが、卓越したリターンを獲得するヘッジファンドが多いことから、世界中でヘッジファンドへの資金流入が続いています。

 

世界のヘッジファンドの運用資産推移

 

有名どころではハーバード大学年基金やイェール大学基金などもポートフォリオにヘッジファンドが30%以上組み込まれています。

ハーバード大学とイェール大学のポートフォリオ

Endowment - Harvard University

 

ハーバード大学とイェール大学といえば、2021年末時点で米国でも最大の寄付金を運用している、世界有数の機関投資家です。一流の機関投資家がヘッジファンドを30%組み入れているのは、運用の信頼の証とも言えるでしょう。

SCHOOL (STATE) END OF FISCAL YEAR 2021 ENDOWMENT
Harvard University (MA) $53,200,000,000
Yale University (CT) $42,300,000,000
Stanford University (CA) $37,800,000,000
Princeton University (NJ) $37,000,000,000
Massachusetts Institute of Technology $27,400,000,000
University of Pennsylvania $20,500,000,000
University of Notre Dame (IN) $18,400,000,000
Texas A&M University $16,900,000,000
University of Michigan—Ann Arbor $16,800,000,000
Washington University in St. Louis (MO) $13,700,000,000

10 National Universities With the Biggest Endowments

 

筆者のポートフォリオの主軸を担う国内ヘッジファンド「BMキャピタル」とは?

上記の記事でもお伝えしていますが、筆者の資産運用の核を担っているファンドとしてBMキャピタルがあります。

BMキャピタルは以下のような特徴を備えています。

 

BMキャピタルの特徴

  • 国内最大規模の150億円を運用
  • 運用開始後年度ベースでマイナスの年はなし
  • 平均して年率10%以上を叩き出す

 

 

まさにヘッジファンドとしての特徴を備えています。海外のヘッジファンドは機関投資家しか受け入れていませんが、BMキャピタルは1000万円から個人投資家も投資することが可能な点が魅力です。

バフェットの師であるグレアム流の本格的なバリュー株投資に「物言う株主」というアクティビスト戦略を組み合わせマルチ戦略で運用を行い安定したリターンを積み重ねています。

 

ファンドマネージャーの経歴も以下の通り輝かしいものとなっています。

  • 東京大学の理系出身。
  • 大学在学中に起業し成した財を元手にファンド事業を開始。
  • 英国の一流外資系金融会社(バークレイズ)で研鑽を積んだ経験あり。
  • バリュー株戦略に必須のアクティビスト活動にも精力的、上場企業の役員にも就任。
  • ファンドメンバーは東大・京大卒の元財務省官僚、投資銀行、外資コンサル、総合商社出身者で構成。

 

まとまった資金は王道の運用手法で一流のプロが運用してくれたほうがよいと考えて筆者はBMキャピタルに資金を預けています。

ただ、ヘッジファンドは戦略などの秘匿性も高く運用実績なども直接聞く必要があります。

以前の私のように興味のある方は以下のホームページから問い合わせて直接聞いてみるとよいでしょう。

BMキャピタル

BMキャピタルの特徴

 

 

更に詳しくBMキャピタルについて知りたい方はこちらから。

 

まとめ

1億円という資産では高齢者であれば十分豊かな余生を過ごすことができますが、現役世代では約10年程度で消費してしまいます。

折角、1億円という資産を構築しているのであれば、安全圏といえる2億円を安全に目指せる投資先に投資を行いリタイアを目指していきましょう。

 

そして人生の選択肢をさらに広げていきましょう。

 

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

1億円以上の資産運用

2022/11/11

10年〜20年で1億貯めるシミュレーションとは?年利7パーセントで着実に達成しよう!

資産1億円というのは誰しもが憧れる目標の1つではないでしょうか。 筆者も社会人として働き始めたことから1億円を目標として資産形成を行ってきました。 40近くになりようやく1億円という資産を達成することができましたが、結構長い道のりでした。 ただ、首都圏に住んでいると1億円ではまだまだ十分ではないのも事実で愕然としています。(田舎に移住すればリタイアも可能です。) → 1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説   ...

ReadMore

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生暮らせる?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

1億円以上の資産運用

2022/9/23

1億円あったら何年暮らせる?何億円あれば一生利息でリタイア生活可能?適切な運用先(預け先)はどこになるのかをわかりやすく解説

「1億円の資産(金融資産・貯金)」を構築する、というのは一つの夢ですよね。 1億円にまだ届いていない方は、1億円あったら何ができるのか?働かずにどれくらい暮らすことができるのか? ・・・などと夢を膨らませて想像している方も多いのではないでしょうか。   筆者ももうすぐ1億円を達成する水準まで来ており、現実味を持って考えるようになりました。 今回の記事では、1億円あれば何年暮らすことができるのか? 結局、一生働かずにリタイア生活するには何億あればよいのか? という点を含めて考察していきたいと思いま ...

ReadMore

55歳で資産1億円を形成してリタイアするのは妥当か?早期退職で後悔しないための考え方を解説する。

1億円以上の資産運用

2022/9/20

55歳で資産・貯金1億円でリタイア(FIRE)するのは妥当?いくらあれば辞められる?60歳を前に早期退職して夫婦で後悔しないための考え方を解説。

最近「FIRE」という言葉が流行しています。 FIREとは「Financial Independence and Early Retirement」の略で経済的自由を手にして早期退職という意味です。   FIREという言葉が流行する前には「早期退職」や「リタイアメント」、などという言葉が一般的だったのではないでしょうか。 FIREでは30代、場合によっては20代で仕事を辞めることを目指す人も多いです。 しかし、少し早く老後のセカンドライフを楽しみたいという気持ちから、55歳で早期退職を狙う人が多 ...

ReadMore

10億円を保有する大富豪におすすめの資産運用法とは?エンダウメント流長期安定運用を目指そう!

1億円以上の資産運用

2022/9/27

10億円を保有する超富裕層(5億円以上)におすすめの資産運用法とは?リタイア生活者が実施すべき運用について

「10億円。」圧倒的な資産ですよね。 サラリーマンの生涯収入が2億円~6億円なので全て蓄えたとしても10億円に到達することは出来ません。 通常の労働に勤しむだけでは決して到達できない域といっても過言ではないでしょう。   10億円を蓄えられた方というのは、事業で成功された方や元々資産家の家に生まれた方などごく一部の方なのではないでしょうか。 本日は10億円という資産があった場合は、どのような資産を運用していくのがよいか?という点について考え方を含めてお伝えしていきたいと思います。   ...

ReadMore

1億円あったらどんな資産運用ポートフォリオを組むべき?BMキャピタルなどヘッジファンドを含め本格リタイア生活に向けておすすめの投資先を紹介。

1億円以上の資産運用

2022/9/26

1億円を資産運用する場合のおすすめの投資ポートフォリオ(堅実な利回り)とは?BMキャピタルなどヘッジファンドを含めリタイア・FIRE生活に向けた預け先、シミュレーションを紹介。

「1億円」という資産。そう簡単に到達できる資産ではないですよね。 筆者の場合、大学時代は1億円を掴むことは人生ではないと思っていました。   しかし、社会人として10年以上生活する中で意外と資産をしっかり運用していると意外とたどり着ける境地であることを知りました。 「絶対に無理だ」と考えていたことが、ただの固定観念だったことを痛感します。そしてこの固定観念が筆者の資産運用の加速を妨げました。   人間も国も、「どんなことでも実現可能だ」と思うことがとても大切であると筆者は学びました。 ...

ReadMore

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-1億円以上の資産運用

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5