1億円以上の資産運用

金融資産6億円あれば利息で生活できる?宝くじに当たったら配当金生活できる?超富裕層基準である資産10億円生活を目指す安全な運用手法とは。

2020年9月17日

金融資産6億円あれば利息で生活できる?超富裕層基準である資産10億円生活を目指す安全な運用手法とは。

宝くじに当たったり、会社を創業し成功などすれば、手にすることが出来るかもしれない6億円という大金。

誰もが一度は「6億円があったら」と想像したことはあるのではないでしょうか。

 

私たちロスジェネ世代以下の若い人達は、企業で働くということから一早く脱却して、

配当金生活を送りたいと考えられている方が増えてきていると思います。

近年ではFIREという言葉が一般的になっていますよね。

 

実際私の新卒の同期もコツコツと給料を米国の高配当銘柄に投資を行いリタイアへの道を近づけようとしていました。

しかし、いくら貯めたとしても中々給与所得の蓄えだけでは厳しい部分もあり、もし○億円あったら・・・と考えてしまいます。

 

今回は6億円という資産を保有した場合について以下の点をお伝えしていきます。

 

今回のポイント

  • 考えなければいけないこととは何なのか?
  • どれだけの利息を得られることが出来るのか?
  • 投資先としてどのようなところが考えられるのか?

 

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

1億円あったらどんな資産運用ポートフォリオを組むべき?BMキャピタルなどヘッジファンドを含め本格リタイア生活に向けておすすめの投資先を紹介。
1億円を資産運用する場合のおすすめの投資ポートフォリオ(堅実な利回り)とは?BMキャピタルなどヘッジファンドを含めリタイア・FIRE生活に向けた預け先、シミュレーションを紹介。

「1億円」という資産。そう簡単に到達できる資産ではないですよね。 筆者の場合、大学時代は1億円を掴むことは人生ではないと思っていました。   しかし、社会人として10年以上生活する中で意外と ...

続きを見る

資産・貯金6000万円に到達する人はどのような属性の人が多い?リタイアは可能なのか。運用するのであればどこに?
金融資産として貯金6000万円では少ない?セミリイアは可能なのか?豊かな老後に向けて30代から40代が運用を考える場合に候補となる預け先について。

  「6000万円」という資産は大きな金額です。 老後2000万円問題で取り上げられている2000万円の3倍の資産ですから、一見するとなかなか裕福な老後が迎えられそうです。   資 ...

続きを見る

 

6億円を保有したら考えるべきこととは?攻めよりも守り

以前金融資産2億円あればリタイア可能か?という記事で分析した通り2億円あれば『現在の金融・経済環境下では』十分リタイアすることが可能です。

 

しかし金融・経済環境が変われば話は変わってきます。

2008年にはリーマンショック、2015年にはチャイナショック、2020年にはコロナショックが起きました。

激動の社会の中で、現在は各国政府が超低金利政策を行なっており、今後数年はインフレ率が上昇していく未来が予想されます。

(国がインフレ率上昇を目指しているので、必ず今の水準よりはるかに上にいきます)

 

仮に日本の国内要因でインフレが発生しなくても2022年のように海外要因でインフレは発生します。

日本は30年間デフレとなっていますしたが、海外ではインフレが発生しています。

日本はエネルギーや食糧なども海外から輸入しています。

そのため、海外でインフレが発生していると日本にも余波がやってくれるのです。

更に現在のようにドル円が上昇している局面では拍車がかかります。

実際、以下の通り賃金が上昇している欧米ほどではありませんが、賃金が上昇していないのに日本にもインフレの足音が聞こえてきています。

 

日本のインフレ率の推移

 

そんな中、現金で資産を保有しているのはインフレとはキャッシュの減価を意味しますので保有資産が目減りしていくことになります。

インフレ率の上昇が見込まれる時は、株、不動産、コモディティなどに資産を移しておく必要があります。

 

現金もリスク性の資産であるということを念頭に入れておく必要があります。

以下は200年以上の歴史を誇る米国の各資産の推移です。全て1801年時点を1ドルとして2001年時点で何ドルの価値になっているかを示しています。

株式の超長期リターン

 

株式は60万倍になっているにも関わらず、現金である米ドルの価値は200年間で93%毀損しています。

 

トマ・ピケティの21世紀の資本論とは?5億円を複利運用するだけで超富裕層の10億円は遠くない !

2016年に流行したトマ・ピケティの21世紀の資本論をご存知でしょうか。

全世界で非常に話題になった書籍なのですが、要約すると労働収入が増加するペースに比べて、資産運用による資本収益の増加のスピードが早いということです。

 

つまり働くよりもお金に働いてもらった方が裕福になれるということを紀元前からの歴史的な事実として実証したのです。

以下の図で○が労働収入の増加スピード、●は資本収益の増価スピードです。

 

21世紀の資本論の資本収益率

 

これを読んでいただいているあなたも、人生を通じて薄々気付かれていたと思います。

金持ちがどんどん裕福になっていき、我々労働階級が働けど働けど豊かにならないのは、資本収益が労働収益の成長率を一貫している暗黙の不文律がずっと存在し続けていた為なのです。

 

日米に関してはリーマンショック後の低金利政策、国債発行などが追い風になり、さらに格差は広がりました。

 

では、6億円あればどうかというと、生活に必要な安全圏の1億円を取っておいたとします。

残り5億円を運用するだけで上記のトマ・ピケティの長年の平均4.5%で運用するだけで、13年後には10億円に到達することが出来ます。

 

4.5%で6億円を資産運用

 

また仮に10%で運用できたとすると7年後にはほぼ10億円に到達することができます。

6億円に甘んじることなく超富裕層の基準である10億円を目指すのも面白いでしょう。

10%以上の利回りを目指すのであれば、国内では老舗のヘッジファンド、BMキャピタルが有名ですが、そのような私募ファンドも選択肢に入ってきます。

 

米国債で安全運用をした場合の利息

まずは通貨分散を行いながら米国債で安全に運用した場合です。

以下は2022年9月現在購入できる米国債と社債です。米国債であれば7年物で約3.5%、米社債であれば5年物で4.5%程度の利息を期待することができます。

 

楽天証券で取引できる米社債や米国債の利回り

 

2021年後半から米国で急速にインフレが進んだことで米国の中央銀行であるFRBは金利を引き上げています。

結果として以下の通り、米国の10年債の利回りは以下の通り急激に上昇していきました。

 

米国の長期債は上昇

 

しかし、注意する必要があります。あくまで米ドル建ということです。

米ドル金利が上昇したことで日米金利差が拡大してドル円は急上昇し140円近辺まできています。

 

ドル円レート

 

完全に行き過ぎの水準になっています。

 

今年に入り「円売り」は外国為替市場で最も旬なマクロトレードとなってきたが、1ドル=140円の大台が近づく中、同取引が既に行き過ぎかどうかに関心が高まってきた。バンク・オブ・アメリカがまとめた最新のファンド・マネジャー調査によると、円売りは最も限界に達した取引と見なす向きが増えている。

参照:Bloomberg

 

現在、景気が悪化しており金利は天井をうっています。

今まで金利差に着目して上昇してきたドル円が下落するのも時間の問題となっています。

米国の長期金利は天井をうっている

 

3%-4%の利息を目当てに投資した結果、30%の為替暴落を食らってしまったら円建では損失となっていまいます。

現在のドル円レートは十分留意が必要な水準となっているのです。

 

日本株やREITで運用を行った場合の配当金・分配金

日本株であれば平均配当金は2%、高配当銘柄でポートフォリオを組めば4%の配当金を狙えます。

 

またREITは仕組み上、不動産事業から得られる利益の90%以上を分配することで法人税が免税となります。

株式の配当金よりも高い分配金が拠出され平均的に4%の分配金となります。

REITは分配金率は似通っていますが、高いものを集めれば5%程度の分配金を確保することが出来ます。

投資法人 9月20日投資口価格(円) 分配金
利回り(%)
マリモ地方創生リート投資法人 132,800 5.49
エスコンジャパンリート投資法人 117,600 5.46
東海道リート投資法人 119,100 5.37
トーセイ・リート投資法人 138,600 5.15
投資法人みらい 49,950 5.15
スターアジア不動産投資法人 59,100 5.01
タカラレーベン不動産投資法人 106,000 4.97
ザイマックス・リート投資法人 125,000 4.95
Oneリート投資法人 272,000 4.85
いちごオフィスリート投資法人 87,800 4.67
CREロジスティクスファンド投資法人 211,400 4.64
ケネディクス商業リート投資法人 284,500 4.60
サンケイリアルエステート投資法人 98,800 4.53
サムティ・レジデンシャル投資法人 125,900 4.34
日本リート投資法人 383,500 4.31
グローバル・ワン不動産投資法人 114,000 4.23
アクティビア・プロパティーズ投資法人 441,500 4.22
大江戸温泉リート投資法人 67,400 4.21
ジャパンエクセレント投資法人 135,400 4.14
日本都市ファンド投資法人 110,500 4.13

J-REITの分配金一覧

 

日本株高配当銘柄とREITに分散投資を行うことにより4%~5%の利息、つまり2400万円~3000万円の利息を見込むことが出来ます。

米国債よりも高いですが、配当金や分配金は企業やREITの経営が悪化すれば減少する恐れもあります。

株価やREITの基準価格が下がればそもそも投資元本が毀損するリスクは認識しておいた方がよいでしょう。

 

RETIと株価は近年殆ど同じ動きとなっています。同じリスクアセットとしてみなされているのです。

 

TOPIXと東証REIT指数の比較

 

そして、これからTOPIXもREITも厳しい環境となることが想定されています。

理由は世界の株式市場の趨勢に大きな影響を与える米国株式市場が軟調に推移することが想定されているからです。

この点については次の項目でお伝えします。

 

バンガードETFであるVTIやVYMに投資を行った場合の配当

米国の市場平均に投資を行うことができるVTIやVYMに投資した場合を考えてみましょう。

VTIは米国の上場株ほぼ全てを加重平均で組み入れた指数に連動するETFで平均して分配金は2%が見込めます。

6億円投資をしていれば税後で960万円ということですね。

 

VYMは米国の高配当銘柄のみを組み入れたETFで、平均利回りは2.5%となっています。

6億円投資を行えば税後で1200万円程度の配当金が期待できます。

配当金だけみればVYMの方がよいですが、配当金を再投資した場合の基準価格は圧倒的にVTIの方が良くなります。

長期的な資産形成を行うのであればVTIの方が適しています。

 

 

VTIはキャピタルゲイン(=値上がり益)を得られるという点まで加味すると非常に有効な選択肢となります。

VTIとVYMはどちらも毎年配当金は増加傾向です。

投資した時点では1.5%~2.5%でも10年後、20年後ベースでは投資元本ベースでは5%や10%の配当金となることも十分有りえるのです。

 

ただ、現在からインデックス投資は必ずしも魅力的とは言えません。

以下の通り株式市場が好調な時期と停滞期は交互に訪れており2022年からは停滞期に突入する確度が高くなっています。

 

株式市場のリターン

 

2010年代、各国の中央銀行が金融緩和によって株価を引き上げていきました。

そもそもお金がジャブジャブだったのですが2020年に入ってから大規模な金融緩和と財政支出を行いバブル相場を演出しました。

しかしバブルは崩壊するのが世の常です。あまりにも過激に金融緩和と財政出動を行なった結果、1970年代以来の高いインフレが発生しました。

 

米国の中央銀行であるFRBは雇用とインフレの安定を掲げて金融政策を実行しています。

現在、インフレが目標とする2%からオーバーシュートした年率9%となっており景気を犠牲にしてもインフレを抑えると宣言しています。

 

足元ではインフレ率がボルカー体制以来の高水準となる8.3%に跳ね上がっており、パウエル氏はボルカー氏と同様、インフレ抑制を第一にする必要があるとの結論に至った。たとえ短期的に雇用に深刻な打撃が及ぶことになってもだ。2018年から今年1月まで副議長としてパウエル氏を支えてきたリチャード・クラリダ氏は「インフレが大きく鈍化するまで、FRBの責務は一つだ」と話す。

FRB当局者は表だって景気後退を予想することは避けているが、景気後退に陥ってもそれを許容する覚悟であることは明確にしている。

参照:Wall Street Journal

 

中央銀行はインフレを抑制するために金利を引き上げる金融引き締めを行います。

金融緩和が株価の上昇要因であるのと反対に、金融引き締めは株価の下押し圧力になります。

現在と同じ1970年代のS&P500指数のチャートは以下の通り横ばいとなっています。場合によっては半減する局面すらありました。

 

1970年代のS&P500指数のチャート

 

あえて、ここからインデックス投資をするというのは得策ではありません。

 

資産を守りながら増やす堅実な選択肢

大きな資産を持ってスピード感を持った投資をするというのは非常に難しく、失敗に陥りやすいです。資産を大きく減らしてしまうリスクが高いです。

このような場面で活躍するのが、下落相場にも強いヘッジファンドです。

→ 富裕層向けの金融商品「ヘッジファンド」と「投資信託」の違いをわかりやすく解説!両者のメリットとデメリットを比較しながら検証する。

 

ヘッジファンドは相場環境に影響をうけることなく堅調に上昇しています。

どのような時も運用を本物のプロに任すことができるという点が大きな強みです。

 

ヘッジファンドは下落を抑制しながら市場平均より高いリターン

 

欧米で富裕層がヘッジファンドに資金を預けることがスタンダードになっている理由がわかりますね。

近年では日本でも国内の和製ヘッジファンドが市民権を得てきたように思います。日本の富裕層の方々が、資産を預けて運用してもらっているようですね。

 

投資のプロに資産運用を任せたい人におすすめの国内ヘッジファンドはどれ?ランキング形式で紹介。
【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

老後資金構築、または自身の人生水準を高めるためにも、ある程度の貯金額になってくると「資産運用の必要性」には全ての人が気づくでしょう。 例えば、1000万円程度の貯金を超え始めると、資産の増え方の遅さに ...

続きを見る

 

上記でもお伝えしていますが筆者が投資を行なっているのはBMキャピタルという国内のヘッジファンド です。

海外のヘッジファンドは500万ドル(=約7億円)以上から投資可能のところが多くなっています。

著名なファンドとなってくると機関投資家からの資金しか受け入れていないという状況でアクセスが難しくなっています。

 

しかし、BMキャピタルは1000万円以上から出資を行うことが可能で個人投資家への門戸を開いています。

BMキャピタルは創設以来過去10年間マイナスの年度はなく、年率10%以上のリターンを叩き出してくれています。

以下は詳しい特徴となります。

BMキャピタルの特徴

 

BMキャピタルについては以下で詳しくお伝えしていますのでご覧いただければと思います。

 

 

まとめ

6億円を保有した場合の心構えと、安全に運用する手法について考察してきました。

6億円あれば、何よりも元本が大きいので、安定的な資産に投資し、安定的に配当などを獲得する方法が向きます。

ヘッジファンドなどプロに一任するのもありでしょう。

 

これから6億円を目指す、利息生活を夢見たいという人、最速で超富裕層の10億円を達成したい方は、利息で生活費を稼ごうという考えは捨てたほうがよいです。

利息は確かに貰えると嬉しいですが、利息は貰わずに再投資していった方が大きな利益を築くことが出来ます。

 

仮に一旦利息を貰って他に投資する場合、利息を貰った際にまず約20%の税金を払うので、再投資額がそもそも減額されてしまいます。

大きく資産を増やしたい方は利息は貰わないキャピタルゲインを狙ったほうが有効です。

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-1億円以上の資産運用

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5