債券

国債への投資って儲かるの?知られざるデメリットや買い方を含めてわかりやすく解説する!

国債への投資って儲かるの?知られざるデメリットや買い方を含めてわかりやすく解説する!

投資で資産は増やしたいけど、過度なリスクは取りたくない。

できれば元本は保証してほしいと考えている日本人は多いのではないでしょうか?

実際、以下の通り米国は現預金比率は13.3%であるにも関わらず、日本人は資産の50%以上を現預金に配分しています。

日米欧の現預金比率

 

国債は債券の一種なので基本的には元本が保証された投資対象です。

本日は国債について以下のポイントを中心にお伝えしていきたいと思います。

 

どのような種類があるのか?

どこで国債を購入することができるのか?

どのようなデメリットがあるのか?そもそも儲かるのか?

 

国債の種類とは?

まずは国債の種類からお伝えしていきたいと思います。

日本国債か外国債か?

まずは日本の国債か、外国の国債なのかで分けることができます。

日本国債は当然、日本の財務省が発行しているので円建です。つまり日本人としては為替リスクを追う必要がありません。

しかし、外国債券は当然発行元の国の財務省が発行しているので現地通貨建となります。

 

また、当然金利水準も各国の金融政策に応じてそれぞれです。

一般的にインフレが発生している国の方が金利が高く、日本のようにインフレが発生していない国の方が金利が低くなります。

基本的には新興国債券の金利が高く、先進国債券の金利の方が低い状態となります。

 

年限は何年か?短期債か?長期債か?

例えば日本国債と一言でいっても償還までの期間に応じて異なる金利となります。

一般的に短期国債より長期国債の方が金利水準は高くなります。

 

長期国債の金利は、短期国債の金利に「期待インフレ率」「期待成長率」「リスクプレミアム」を上乗せして決定されます。

 

長期国債の決定要因

ただ、現在の日本は期待インフレも期待成長率も殆どないので短期金利と長期金利の差は非常に小さくなっています。

国債の年限毎の利回りをプロットしたものをイールドカープと言います。

 

以下は日本のイールドカーブです。日銀の金融政策の影響で10年債の金利は0.25%程度に抑えられています。

青色:現在のイールドカーブ
緑色:一ヶ月前のイールドカーブ
橙色:六ヶ月前のイールドカーブ

 

日本のイールドカーブ

 

世界的にインフレが発生している煽りを日本も受けてイールドカーブ全体が上方に振れ出しています・

ただ、この傾向は米国では金利水準が1年前と比べて大きく上方に振れています。

 

黒:現在の米国のイールドカーブ
青:1年前の米国のイールドカーブ

 

米国のイールドカーブの推移

 

 

国債の買い方とは?

では次に国債の買い方についてお伝えしていきます。

財務省から個人向け国債を購入

発行元の財務省から購入するというのが最もシンプルな方法です。

財務省は国民に向けて毎月個人向け国債を発行しています。

個人向け国債

 

個人向け国債の利率

10年満期 5年満期 3年満期
変動or固定 変動金利 固定金利 固定金利
金利設定 基準金利0.66% 基準金利-0.05% 基準金利-0.03%
金利の下限 0.05%(年率)
利子の受け取り 半年毎に年2回
購入単価 最低1万円から1万円単位
中途換金 発行後1年経過すれば中途換金可能

 

証券会社から購入する

財務省から直接購入しなくても証券会社経由で購入することができます。

以下は楽天証券で購入できる日本国債です。個人向け国債と同じ水準ですね。

 

楽天証券で取引できる日本国債

 

楽天証券では欧米の先進国の債券も購入することができます。

以下は楽天証券で購入できる欧米の債券は以下です。米国では利上げしているということもあり7年債で3% 以上の利回りを獲得することができます。

 

楽天証券で購入できる先進国債券

 

また、先進国債券だけでなく新興国の債券も取り扱っています。

以下は楽天証券で取引できる新興国の債券です。

利回りだけみると非常に魅力的ですよね。しかし、残念ながら利回りのみで判断するのは危険です。この点については後述します。

 

楽天証券で購入できる新興国債券

 

国債のリスクやデメリットとは?

では安全にみえる国債のリスクやデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

満期まで保有しなければ元本保証ではない

債券であれば元本保証と決め込んでいる方も多いと思います。

しかし、これはあくまで満期まで保有した場合です。

 

満期まで保有しない場合は国債自体の価格が変動するので元本保証とはなりません。

国債の価格は購入した時に比べて金利が上昇していたら価格は下落して、反対に金利が下落していたら価格は上昇します。

 

混乱すると思うので以下の図を用いて解説します。

例えば利率が3%の時に国債を購入したとします。そのあと金利が4%に上昇したら保有している金利3%の債券の価値は低くなるので価格は下落します。

反対に金利が2%に低下したら保有している金利3%の債券の価値は高くなるので価格は上昇します。

 

金利と債券価格の関係

 

 

途中で解約する時に金利が上昇していたら、売却によって元本割れするリスクは十分念頭に置いておきましょう。

 

外国債券には為替リスクがある

先ほどお伝えした通り外国の債券は発行した国の現地通貨建となっています。

つまり、外国債券を保有する場合は常に為替リスクを負うことになります。

 

一番安定しているドル円の過去10年間のレートの推移をご覧ください。

ドル円のチャート

 

東日本大震災後に75円近辺まで円高となったあとに現在は135円と80%円安に振れています。

10年債の年率の利回り3%-3%程度では不安ですよね。ドル円ですらこの変動幅です。

 

新興国通貨のボラティリティはドル円の比ではありません。

 

楽天証券で購入できる新興国債券

 

上記の通りメキシコペソ建の債券は約10%の利回りを提供しています。あくまでメキシコペソ建です。

メキシコペソ円のレートは以下となります。2006年時点で11.6円から2020年の4円まで3分の1になってしまっています。

 

メキシコペソ円のレート

 

期間によっては大きなマイナスになる可能性も十分あります。

まだメキシコペソ円は変動幅が小さい方です。たまに売り出されるトリコリラ建の債券は要注意です。

トルコリラ円は以下の通り2015年から約10分の1に低下しています。ちなみにリーマンショック前は1トルコリラは100円だったので15分の1ほどになっています。

トルコリラ円のチャート

トルコリラ建債券に投資をしていたかたは大きな損を被っていることになります。

見た目の利回りだけでなく為替変動リスクまで加味する必要があります。

 

そもそも国債投資は儲かるのか?

重要なのは、そもそも国債への投資は儲かるのかという点です。

以下200年以上の資本主義の歴史をほこる米国での「株」「国債」「金」の超長期のリターンの比較です。

 

株と債券と金と国債の超長期リターンの比較

 

株式は年率6.7%のリターンですが、長期国債で年率3.5%、短期国債で年率2.6%という結果になりました。

単年度の平均リターンだと大した差には見えませんが、複利の効果は大きく時間が経過する度に大きな差がでてきています。

上記のグラフをみると大きな差がないように見えますが縦軸が10倍毎に設定されているので絶対値としては非常に大きな差が出ています。

 

特に現在は世界的に超低金利環境となっています。上記の平均リターンを獲得することは難しくなります。

やはりリターンを狙うのであれば株式投資が適しているといえます。

当ブログでは株式投資でも安全性が高い投資先を紹介していますので参考にしていただければと思います。

 

【2022年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先(投資信託などアクティブファンド含む)を紹介。

 

まとめ

今回のポイントをまとめると以下となります。

ポイント

  • 日本国債と外国債の2つがある
  • 年限毎に利率が異なる
  • 日本国債は財務省から直接購入可能
  • 外国債も日本国債も証券会社から購入可能
  • あくまで満期まで保有した時に元本保証
  • 中途解約した場合、購入した時より金利が低くなっていれば利益がでるが金利が高くなると損失が発生
  • 国債は歴史的に株式より大幅にリターンが低い

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-債券

© 2022 30代後半外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5