BMキャピタル(BM CAPITAL)

問い合わせ後にBMキャピタルの面談はどのように進む?出資申し込みまでの流れの体験談を記録

2022年1月17日

BMキャピタルの面談はどのように進む?出資までの流れの体験談を記録

BMキャピタルに出資するにも、どのような面談になるのか少し不安ですよね。私自身もファンドマネジャーとは個人的に知り合いでしたが、実際に面談をする時は緊張しました。

 

今回は、筆者自身の体験で、出資までの流れはどのようなものだったのかを書き起こそうと思います。

ヘッジファンドでの投資を検討できる人は最低出資金額の高さなどで少数かと思いますが、この記事を役立てていただければと思います。

 

問い合わせページ

 

そもそもヘッジファンド投資(BMキャピタル)を検討した理由

筆者は個別株を真剣に投資をしていた個人投資家でした。サラリーマンと兼業の投資家です。

学生時代から10年以上経験があり、大きく儲かった年もあれば、大きく損を出した年もある普通の投資家が通る道を歩んできたと思います。

 

株式投資を自分で実行し、リターンを獲得する難しさは誰よりもわかっているつもりです。

株式投資は、特に大きなリターンを獲得しようと思えばそれだけリスクも大きくなります。

 

テレビやインターネットでは株で大金持ちになったという人が多々いるように見え、夢があるように思えます。

しかし、大金持ちになった人たちの足元には沢山の死骸が転がっていることもよくわかりました。

 

株式投資は一部の才能ある投資家しか大きくリターンを獲得できません。

相場が良い時に大きく稼いでも、多くの儲けた投資家は、市場にお金を返してしまうことがほとんどだと思います。

 

株式相場とはそのような場所です。そして見えてきたものは、「堅実なリターンをマイナスを出さずに長い期間、積み上げる」。

これに勝るものはないと確信しました。インデックス投資も検討するものの、やはりリーマンショック、チャイナショック、コロナショックなど市場の大きな変動に耐えるのは難しく、何かないかと考えていました。

 

そこで、BMキャピタルという投資先を知りました。ヘッジファンドを知るよりもBMキャピタルを先に知りました。

面談で話を聞き、BMキャピタルは派手なリターンはないですが、堅実にプラス(複利)を積み上げていく、バリュー株投資を実践していました。

まさに、私が求めていた商品でした。

 

外資系証券の友人が言ってたことでもありますが、「長く運用すればするほど成果が出る」というのは、一流の欧米機関投資家があげる理想的な投資先でもあります。

BMキャピタルの全容

 

BMキャピタルの担当者と面談

公式ページからも資料請求ができますが、筆者の場合は知り合い経由でした。

投資の希望を伝えたら、担当者より連絡が来ました。面談のアポを取ります。

 

私は一流ホテルで面談でした。今はコロナ感染拡大もありリモートも可能だそうです。

ZOOM面談の方が、忙しい方には助かりますよね。

 

面談内容

最初はざっくばらんに雑談から始まります。

どのようにBMキャピタルを知ったのか?

資産運用についてどのような考えを持っているのか?(長期運用に理解があるか)

 

その後、BMキャピタルのファンドの概要を教えていただきました。

BM CAPITALの会社概要。代表の森山武利氏、ファンドマネジャーの経歴などを網羅

 

 

出資に関しては契約書締結、出資金振込の方法など事務的な説明があります。

出資最低額は1000万円からが基本となっています。

 

その後、説明の中での不明点を全て質問させていただきました。ファンドマネジャーのこと、メンバーの経歴や今後のファンド運営方針なども詳細に聞いてしまいました。

特に無理に出資を迫られることはありませんでした。

 

営業担当者の印象

筆者の担当者は30代前半くらいの上品且つ柔らかい印象の方でした。最初から最後まで非常に丁寧でした。

失礼ながら経歴も聞いてしまったのですが、筆者の担当者は某財閥企業(知らない人はいない)出身の転職組でした。

 

「同じ羽の鳥は一緒に泊まる」という言葉がありますが、ファンドマネジャーをはじめとして、華やかな経歴の方々が運営する会社には同じようにエリート社員が次々に入社するのだなと感じたものです。

 

個人情報について

外部へ公開されることは当然なく、その点は公式ページにも書かれていました。

 

Q:問い合わせや出資に関する情報は守られますか?

A:弊社は出資者様に係る情報の保護を最重要事項としております。出資者様のみならず、お問い合わせ頂いた方の個人情報やその他全ての情報は厳重に管理し、外部への公開は一切行いません。【個人情報の取り扱いについて】をご確認ください。

Q:募集はいつ行っていますか?

A:四半期毎に随時募集を行っております。詳しくは弊社役職員が対面にてご説明致します。

 

まとめ

知り合いがいるとはいえ、面談は緊張しました。営業担当の方の懐広く、出資に関して以上に資産運用について色々と議論ができ、非常に有意義でした。正直、中々に失礼な質問もしてしまっていましたが、どんな質問にも誠実に答えてくださりました。

 

質問を沢山してくれる方がファンド担当者も助かるとの話で、それもそうだなと思った記憶があります。投資家とファンド、お互いの信頼あってのヘッジファンド運営だと思いますので、聞きにくいこともなんでも聞いてしまって良いと思います。

 

問い合わせページ

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-BMキャピタル(BM CAPITAL)

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5