投資信託

【投資信託:世カエル】インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドを徹底評価!掲示板での評判や口コミは散々だが魅力的?

【投資信託:世カエル】インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドを徹底評価!掲示板での評判や口コミは散々だが魅力的?

21世紀になって20年以上が経過して、今後世界を劇的に変える技術が出てきています。

代表的なのがAIでしょうが、AIに並ぶ技術として注目されているものとしてブロックチェーンがあります。

 

ブロックチェーンといえば仮想通貨が最初に思い浮かぶかと思います。

たしかし仮想通貨が現時点では最も有名ですが、活用の範囲は止まるところを知りません。

本日はブロックチェーンとはどのような可能性を秘めている技術なのかということをお伝えした上で、インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドについて分析していきたいと思います。

 

以前お伝えしたブロックチェーン関連銘柄であるグローバル・フィンテック株式ファンドについては以下をご覧いただければと思います。

→ 評判を博したグローバル・フィンテック株式ファンドの株価の暴落理由を解説!今後の見通しも暗い?

 

そもそもブロックチェーンとは?

まず、そもそもブロックチェーンについて簡単にみていきたいと思います。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは情報を安全につなげて管理する技術で、暗号化されたデータのブロックを作成し、チェーンのようにつないで管理する仕組みです。

ブロックチェーンによって情報のやりとりにとどまっていたインターネットで、価値や資産の取引が可能となりました。

 

理由はブロックチェーン上のデータは皆が共有しているのでデータ改竄が試みられたとしても他の参加者が保有しているデータと照合して改竄を防ぐことが可能だからです。

さらに取引履歴も追跡可能なので情報の安全性や信頼性が確保されることになるのです。

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンの歴史

以下はブロックチェーンの歴史です。

2009年にサトシナカモトがビットコインを開発してから、まだわずか13年しか経っていません。

以下の現在までの経過を見れば分かる通り、まだ黎明期です。

 

ブロックチェーンの歴史

 

ブロックチェーン技術の市場規模は現在の0.7兆円から2030年には約200倍に拡大することが見込まれています。

まさにこれからブロックチェーンの活用が本格化するということですね。

 

ブロックチェーンの活用範囲

ブロックチェーンといえば仮想通貨やNFTなどのイメージは強いですが、様々な局面での活用が期待されています。

 

活用されるブロックチェーン技術

 

具体的にどのようなテーマに「世カエル」が注目しているのかは次の項目でみていきたいと思います。

 

インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド(愛称:世カエル)の特徴

インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドの特徴についてみていきたいと思います。

ブロックチェーンセクターのインデックス投信

投資信託に大きく分けて二つあります。

日経平均やS&P500指数に連動するインデックス投信(=パッシブ投信)とインデックスに対してプラスのリターンを目指すアクティブ投信です。

アクティブ投信とパッシブ投信の違い

→ アクティブ運用型とパッシブ運用型の投資信託のどちらが優れているのか徹底比較!インデックス投資は本当に最強なのか?

 

結論から申し上げると「世カエル」は特殊なインデックス投信です。

インデックスといえばS&P500指数や日経平均等の株式市場全体にイメージすると思いますが、「世カエル」が連動を目指すしているのはブロックチェーン関連銘柄を対象としたインデックスです。

 

「コインシェアーズ・ブロックチェーン・グローバル・エクイティ・インデックス(円換算ベース)」に連動する成果をめざしています。

この指数は日本を含む世界各国のブロックチェーン関連株式を実質的な主要投資対象としています。

 

事業毎の構成比率

「コインシェアーズ・ブロックチェーン・グローバル・エクイティ・インデックス(円換算ベース)」が組み入れているブロックチェーン関連技術は以下となります。

事業 収益モデル 構成比率 代表銘柄
ブロックチェーン技術ソリューション 提供するサービスへの課金 19.8% オラクル
ブロックチェーン決済システム 決済手数料など 3.5% ブロック
エネルギー 暗号資産に関連するエネルギー資産のリース等 7.0% アケル
トークン:インベストメント 所有する暗号資産の価値上昇など 2.8% マイクロストラテジー
マイニング・ハードウェア 暗号資産マイニングの装置部品など 19.4% TSMC
ブロックチェーン金融サービス 暗号資産を活用した金融サービスの取引手数料など 38.3% マネックスグループ
マイニングオペレーション 暗号資産マイニングの報酬など 6.5$ ハイブ・ブロックチェーン・テクノロジー

 

構成上位銘柄

2022年10月末時点での構成上位銘柄は以下となります。日本の銘柄が多く取り入れられていますね。

 

銘柄 国名 構成比率 概要
コインベース 米国 5.2% 米国の大手暗号資産取引プラットフォーム。プライムブローカレッジサービス強化等により暗号資産の機関投資家活用拡大の恩恵を期待
マネックスグループ 日本 5.1% いわずとしれたオンライン証券大手。コインチェックを運営
SBIホールディングス 日本 4.6% SBI証券を運営するコングロマリッド。暗号資産関連事業では国内初となる一般投資家向けデジタル社債を発行
マイクロストラテジー 米国 3.8% 資産保全の手段としてビットコインを保有する大手ビジネスインテリジェンスソフトウェア企業
TSMC 台湾 3.6% 世界の半導体生産工場首位。暗号資産のマイニング向けCPUメーカーにとって重要なサプライヤー
スタンダードチャータード 英国 3.4% 英国の大手銀行。2018年よりブロックチェーンビジネス分野への投資を積極的に展開
CMEグループ 米国 3.3% 2018年よりビットコイン先物取引の提供を開始している世界有数のデリバティブ取引所
ハイブブロックチェーン カナダ 3.2% グリーンエネルギーを活用した暗号資産のマイニング施設を所有して運営している
カカオ 韓国 3.2% メッセージアプルを畝い。韓国でポピュラーな暗号資産取引所UpBitを運営
リミックスポイント 日本 3.1% 電力小売や省エネルギー化支援のほか、参加に持つビットポントジャパンにおいて暗号資産取引サービスを展開

 

国別の構成比率としては以下となります。米国と日本の二強ですね。

 

国名 比率
米国 33.4%
日本 29.8%
韓国 6.9%
カナダ 5.8%
イギリス 5.7%

 

手数料

手数料は以下となります。

購入手数料:3.3%
信託手数料:年率1.573%

 

 

「世カエル」の運用実績

では重要な運用実績についてみていきたいと思います。

ベンチマークのインデックスと連動しているのでインデックス投信としては合格ですね。

2021年の年初までのビットコインの急騰に連動する形で急上昇しましたが、直近は1年近く下落傾向が続いています。

「世カエル」の運用実績や利回り

 

以前分析したグローバルフィンテック株式ファンドや全世界株式と比較したものが以下となります。

青:世カエル
赤:グローバルフィンテック株式ファンド
緑:eMAXIS Slim 全世界株式

 

世カエルとグローバルフィンテック株式ファンドと全世界株式の比較

 

上記は全て円建のリターンとなります。

ドル円が115円から150円まで上昇したことを背景に全世界株式はなんとか耐えていますが、株式市場自体は地盤沈下しています。

フィンテック投信に関しては、円安の追い風がありながらも直近1年間下落しています。

グローバルフィンテック株式ファンドの軟調な成績が際立ちますね。

 

掲示板での口コミや評判からは希望的観測もみてとれる

掲示板での口コミや評判は以下となります。

高値掴みしてしまっている人が相当数いそうですね。

 

口コミ①

久々来てみたら…2万以下かw
3万で買った俺が居るので
−でも ファイトです!!

 

何をもって落ち着いてきたのかは謎ですが、希望的観測を述べている口コミもあります。

 

口コミ②

ようやく普通の状態に落ち着いたような印象です。
ここからジワジワと上がっていく未来が見えます。

ブロックチェーンの用途は暗号通貨だけではなく、個人の資産(貨幣的価値のあるもの以外に自分が発信したデータやデジタル世界内で培ってきた信用度など)を守るものだからです。
現実世界としての、地球というバースの住人ではなく、デジタル世界の個人の権利を守るもの。

国連などが世界中の国で禁止するでもしない限り、成長しかありません。

 

悪材料がでて今後はしばらく厳しい見通し

ブロックチェーンは仮想通貨だけではないとはいえ、現状最もこれらの銘柄に影響があるのは仮想通貨の価格推移です。

以下はドル建てのビットコインの推移ですが、完全に落ちるナイフの様相を呈しています。

直近は大手取引所のFTXの破綻などがあり下落に勢いが付いています。

BTCUSDのチャート

 

ビットコインのトレンドが転換するまではブロックチェーン関連の銘柄に投資をするのは控えた方が良いでしょう。

更に今まで基準価額を支えてきたドル円も円高に転換してきています。

2023年は景気後退もかさなり、市場に連動するようなファンドへの投資は控えた方が懸命と考えています。

以下ではどのような環境でもリターンが狙えるファンドについて取り上げていますのでご覧いただければと思います

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-投資信託

© 2023 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5