投資信託

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)を評価!掲示板での評判や口コミを含めてわかりやすく解説。

2022年12月12日

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)を評価!掲示板での評判や口コミを含めてわかりやすく解説。

金融のグローバル化によって日本でも様々な世界の株式に投資する投信が販売されています。

当ブログでも以下のような同様の投信を分析してきました。

 

 

今回、紹介する投信はニッセイグローバル好配当株式プラスです。zニッセイグローバル好配当株式プラスは特殊な運用をおこなっている投信です。

今回は同投信の特徴をお伝えした上で、運用実績や見通しを含めて分析していきたいと思います。

 

【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!
【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!

パンデミックの影響が徐々に薄れ、我々はいま、ポストコロナの新たな時代に足を踏み入れています。特に注目すべきは、株式市場のダイナミックな変動です。 2020年の初旬に見られた株価の急落(コロナショック) ...

続きを見る

 

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の特徴

ニッセイグローバル好配当株式プラスの特徴についてみていきましょう。

好配当株式投資とプレミアムプラス戦略のミックスで7%のインカムゲインを狙う

まず第一戦略としてインカムゲインを狙う二つの戦略について紹介します。

まずは単純に約3.5%の高配当銘柄に投資をして配当を獲得します。高配当ではなく好配当と記載しているところが渋いですね。

 

好配当株式投資とプレミアムプラス戦略のミックスで7%のインカムゲインを狙う

 

加えてオプションを用いたプレミアムプラス戦略で3.5%程度の収益獲得を狙います。

 

<プレミアムプラス戦略とは> オプション取引を活用し、オプション料(プレミアム)収入の獲得により、安定した収益の確保をめざす戦略をいいます。主として、保有株式の一定水準以上の値上がり益を放棄する見返りとして、オプション料を受取る取引を行います。このような取引はカバード・コール戦略と呼ばれることもあります。 なお、当ファンドはオプション取引に際し、各銘柄の見通し(期待リターン、確信度、ボラティリティ等)にもとづき、「権利行使価格」「カバー率 (該当銘柄の評価額に対するコールオプションの割合)」 等をきめ細かく決定し 個別銘柄ごとのオプション取引を行うことで 株価上昇時の値上がり益も追求します。また、原則として同一銘柄に対して複数のオプション取引を行い、「権利行使価格」「満期日」等の 分散を図ります。

参照:販売用資料

 

カバードコール戦略というのは、株式を保有すると同時にコールオプションの売りを組み合わせる戦略です。

コールオプションを売るということは株価が下落すると損を被りますが、株価が下落しない限りはオプション料(=保険料)を受け取ることができる戦略です。

 

カバードコール戦略

 

つまりある程度以上の株価上昇を諦める代わりにオプション料を獲得するという戦略です。

ただ、上記の図をみていただければわかる通り、株価が下落したら損失を被ります。

 

好配当株式の値上がり益

高配当株式の値上がりも同時にねらっていきます。つまり、インカムゲインだけでなくキャピタルゲイン(=値上がり益)も狙っていくということですね。

高配当銘柄の値上がり益を期待

 

オールドエコノミーが多い構成上位銘柄

2023年10月末時点での構成上位銘柄は以下となります。

ニッセイグローバル好配当株式プラス

ニッセイグローバル好配当株式プラス

 

2023年3月末時点からの構成上位銘柄の推移は以下となります。

2023年10月末 2023年6月末 2023年3月末 2022年10月末
1 GSK インテル インテル インテル
2 KDDI コンチネンタル コンチネンタル ウォルグリーン・ブーツ
3 コンチネンタル モルソン・クアーズ ブリヂストン スタンダード・チャータード
4 ベライゾン・コミュニケーションズ パナソニック ハイデルベルグセメント IBM
5 オランジュ インテーザ・サンパオロ 電通グループ ウニクレディト
6 電通グループ グラクソ・スミスクライン オランジュ モルソン・クアーズ
7 スタンレー・ブラック・アンド・デッカー KDDI インテーザ・サンパオロ シェル
8 テスコ オランジュ グラクソ・スミスクライン イタリア炭化水素公社
9 ヘンケル スタンダード・チャータード KDDI サノフィ
10 モルソン・クアーズ・ビバレッジ 電通グループ サノフィ ヘンケル

 

勢いのあるグロース銘柄というよりはインテルやコンチネンタル、ブリヂストンなどの成熟銘柄が多く組み入れられています。

インテルはここ5年株価が下落し、それでもポートフォリオ1位に君臨していましたが、ついに上位からいなくなりました。

インテルの株価推移

インテルの株価推移

 

組み入れ国別比率では基本的には、このような投信では米国の組入比率が50%を超えますが、昨年まではイギリスが最も多いという珍しい構成比率となっていました。現在は米国が一位ですね。

2023年10月末 2023年6月末 2023年3月末 2022年10月末 比率
米国 29.10% 26.90% 23.70% 21.70% 23.10%
イギリス 17.40% 16.80% 19.50% 23.10% 21.70%
日本 15.10% 15.50% 14.50% 16.20% 16.20%
ドイツ 11.50% 13.30% 14.00% 11.90% 11.90%
フランス 10.60% 10.70% 10.60% 9.70% 9.70%
イタリア 4.10% 4.90% 6.00% 7.00% 7.00%
スイス 4.10% 2.20% 2.20% 2.10% 2.10%
台湾 - 2.40% 2.10% - 1.90%
韓国 1.90% 2.30% 2.00% - 1.80%
ベルギー 1.90% - - - -
その他 4.20% 4.90% 5.50% 8.30% 4.70%

 

毎月分配で特別分配金を出しており分配余力はない

現在2023年5月時点で毎月30円の分配金を出しています。年間になおすと360円です。

ちなみに現在の基準価額は1656円となっています。つまり20%以上の分配金をだしています。

 

年間リターン20%とは程遠い水準で推移しています。そのため元本から分配金をだしており基準価額は下落し続けています。

特別分配金をだしているということは信託手数料を支払いながら預金をひきだしている状態ということを意味します。

配当金をもらえると喜んでいたら、最後引き出す時に元本が5分の1になっているという事態になっているのです。

 

手数料は高めに設定されている

ニッセイグローバル好配当株式プラスの購入手数料と信託手数料は以下となります。

購入手数料:税込3.3%
信託手数料:年率1.72%

となります。アクティブ投信の中でも高い水準ですね。

 

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の運用実績

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の運用実績は以下となります。

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の運用実績

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の運用実績

 

配当金を出さない場合の税引前分配金再投資基準価額は2011年から堅調な世界経済を受けて3倍になっています。

しかし、あまりにも高い分配金を出しているので基準価額は運用開始時の5分の1になっています。

分配金をだすと普通分配金部分は税金が取られますし複利効果もないので、実際に受け取れるリターンは税引前分配金再投資基準価額ほどのリターンは得られません。

【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!
【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!

パンデミックの影響が徐々に薄れ、我々はいま、ポストコロナの新たな時代に足を踏み入れています。特に注目すべきは、株式市場のダイナミックな変動です。 2020年の初旬に見られた株価の急落(コロナショック) ...

続きを見る

 

特別分配金に気付き掲示板では厳しいコメントが散見される

流石に基準価額の下落が激しすぎて懸念されるコメントが多く見られます。

 

コメント①

ここもうダメでしょ!
次1500円行くね

 

コメント②

組んでいる銘柄個々を見てないけど、昨日
欧州 アメリカが爆上げでこの下げだけは理解できない。

 

今後の見通しは?リセッション局面で売り込まれる成熟銘柄

重要なのは今後の見通しです。現在、世界的なインフレがピークアウトの兆候を迎えていて、今度はリセッションを織り込む形で金利が低下を始めています。

つまり2024年の景気後退が訪れようとしているということを市場は織り込み始めているのです。

 

2022年以降、世界的なベア相場では、まずグロース株が下落していきます。実際、2021年末から成長株が多く組み入れられているナスダック総合指数はいち早く下落していきました。

一方、以前として成熟企業中心の下落は軽く2022年を通して5%ほどの下落にとどまりました。2023年は大型テックのみが上昇し、中小型株は置き去り状態です。

 

しかし、ターンは順番に訪れます。景気後退が鮮明になると、金利が低下してグロース株は行きを吹き返し始めます。一方、リセッションとなると企業収益の低下が鮮明となるので、今まで耐えていた成熟企業が本格的に下落を開始します。

まさにニッセイグローバル好配当株式プラスが投資しているような銘柄が最も手痛い打撃を被ることが想定されるのです。

 

まとめ

今回のポイントをまとめると以下となります。

 

ポイント

  • 高配当銘柄とオプション戦略を用いてインカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙うファンド
  • リターンに対して高すぎる配当利回りで殆どが特別分配金となってしまっている
  • 分配金再投資前では今までは好調な市場の追い風を受けて堅調となっている
  • しかし2024年はリセッションの影響で組み入れている成熟銘柄への打撃が想定される

 

【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!
【ブログ随時更新】飛躍の2024年!今買いの一番儲かる投資信託銘柄はどれ?「安全」且つ「これから上がる」個人投資家が買うべき高利回りファンドを徹底調査!

パンデミックの影響が徐々に薄れ、我々はいま、ポストコロナの新たな時代に足を踏み入れています。特に注目すべきは、株式市場のダイナミックな変動です。 2020年の初旬に見られた株価の急落(コロナショック) ...

続きを見る

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-投資信託

© 2024 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5