完全リタイアを目指す株式投資と投資信託ブログ

30代サラリーマンの資産運用録

まとまったお金の資産運用法

株で大儲けは無理なのか?実際稼いだ人の話・生活・体験談をベースに投資の向き合い方を考えよう

株で大儲けは無理なのか?実際稼いだ人の話・生活・体験談をベースに投資の向き合い方を考えよう

 

最近コラム的記事が多くなってしまっていますが、いろんな投資に関するトピックを職場で聞いていると、思うところがいっぱいあるのです。

例えば、最近は同僚が株で大儲けしたい、と熱く語っていました。

 

株で大儲け。勢いがあって良いですね、口にしているだけでなんだかポジティブになれそうです。

しかし、相場はそんな簡単ではなく、氷水のように冷たい、そんな場所です。

 

しかし、着実に自分の勝ちパターンを見つけ、実践していけば、十分に大儲けできる可能性はあるでしょう。

また、一番厄介なのが、「たまたま当たった」という類の投資ですね。もはや投資ではなく投機なのですが・・・。

 

しかしそれも相場。継続してリターンを出すのが、良い投資、素晴らしい投資ですが、一発当てる、というのも一発も当たらない人に比べれば全然ヒエラルキーは上でしょう・・・(笑)

2020年はテスラの株で一発当てた人が多いのではないでしょうか?

 

さて、今回は、株で大儲けするのは可能ですが、どのくらい可能なのかについて少しお話をしていきたいと思います。

 

株で大儲け!まず君はどれくらい儲けたいのか

株で大儲けしてやるぜ!!

と息巻く人は多いですが、一体いくら儲けたいのでしょうか。

たくさんでしょうね。間違いなく。

 

しかし、ある程度期間を考えなければ、投資スタイルがまず定まりません。

1年で資産が2倍欲しい、のであれば短期トレードを繰り返し、小さなリターンをコツコツ積み上げていくか。

5年で資産が2倍欲しい、のであれば、もう少し安全な投資で、さらにコツコツと貯金を投資資産に加えていき、お金を増やしていくか。

 

【ブログ更新】確実な勝ち方「株式投資の必勝法」など存在しない?勝てない・儲からない理由を消すことから始めよう。 トランプ同様、勝率にこだわり自分の儲かる方法を探すのです。

 

とにかく今の資産を10倍にしたい、期間は問わないのであれば、テンバガー銘柄を発掘し、10倍になるのを待つか。

 

多くの人は「今すぐに資産が10倍になるくらい儲けたい」と考えますが、それは不可能です。

短期で多くの利益を得られるものなど存在しません。

 

映画・オーシャンズ11のオーシャン率いる11人の犯罪スペシャリスト集団も、数年かけて、カジノの金庫などを盗み出す計画を綿密に実行しています。

犯罪スペシャリストですら、一つのプロジェクトに数年をかけて計画を立てるのです。

 

計画なしに急に株を買って儲けられるわけがありません。

当然、事業も一緒ですね。

 

ただし、時間をかければ、また自分が株式投資に向いていて、相場と真剣に向き合う覚悟があるのであれば、将来的に株で大儲けは可能だと思います。

 

 

私が聞いた体験談、お話、株で大儲けした人の生活

私の友人にはいわゆる「億トレ」と言われる株式投資家がいます。

株で1億円以上作ったトレーダーを指しますが、まさに彼こそが「株で大儲け」した人ですよね。実際に話を聞きました。

以下はLINEで聞いた内容を文字起こししています。

 

株で稼ぐのは簡単でしたか?

=最初の3年は鳴かず飛ばずでした。取引も少額で、今思えば、なんとなく投資をしているだけでした。株で生活をしたかったけど、全然無理だったので、就職しました。

いつから株で稼げるようになったのですか?

=2013年からです。アベノミクスの相場はすごかったです。何を買っても上がるというか。それまでは全く儲からなかったので、株の勉強もほどほどだったのですが、利益が出始めてからは楽しくなって、以前より相場にのめり込みました。2013年は終わってみれば20%程度の利益でしたが、上々でした。2014年は+300%でした。ここで会社を辞め、専業になりました。

アベノミクスという時流に思いっきり乗ったのですね。その後もトントン拍子だったんですか?

=基本的に毎年+100%のリターンが出せるようになりました。でも、運がよかったんだと思います。多くの人が高いリターンを出しているイメージでした。SNSを見ていると。

投資戦略としてはどのような株を購入するスタイルなのですか?

=ずっと中期投資です。長くても一年以内には売る感じですかね。私はゲームが大好きで、ゲームの業界動向などを探るのが好きでして、ゲーム会社の決算などを調べまくって、納得のいくものだけを買っていました。

1億円以上の資産を築いても、まだまだ投資は続けるのですか?

=最初は生活のためということで、投資を始めたものの、株が大好きなことに途中で気づいたんですね。これは稼ぎが出る前からです。株が好きで、株価の変動をみては自分の投資は正しかったのかどうかを検証するプロセスも大好きなので、株式投資自体が私と相性が良いのかもしれません。今でもゲーム感覚でずっと株を買っています。他にやることも、特にないですし。

株が好きで、しかも向いていたということですね。

=たぶんですが、向いていると思います。

株以外の、例えば旅行をしたり、車を買ったり、女の子と遊んだりはしないのですか?

=全部試してみましたが、2ヶ月で、つまらないなぁ、と思い相場に帰ってきました。相場が一番楽しいですね。

 

 

株式投資で大儲けするには、株が大好きで、株に向いている必要があると私も思います。

これについては、株の必勝法についての記事で紹介していますので、参考にしてください。

 

【ブログ更新】確実な勝ち方「株式投資の必勝法」など存在しない?勝てない・儲からない理由を消すことから始めよう。 トランプ同様、勝率にこだわり自分の儲かる方法を探すのです。

 

株式投資で大儲けする人というのは、そもそも大金があったら〜がしたいという気持ちが弱いのかもしれません。

そういった雑念がないからこそ、相場に集中してリターンを高めることができるのかもしれません。

 

株式投資で大儲けするのは大損するのと背中合わせだが、勝てば税金のメリットが大きいし夢がある

たしかに株式投資は、投資した後の値動きの変化の大きさから、即効性があります。

短期間で大儲けしてしまう人も、いるでしょう。

だからこそ、相場は面白いのですが、それは光の部分の話であり、闇の部分ももちろんあります。

 

レバレッジをかけて、株が反対に動き、一気に資金がなくなってしまったとか。大損する可能性があります。

リターンが高ければ高いほど、リスクも大きいのです。

このことは肝に命じておきましょう。

 

短期的に、たまたま大儲けできてしまうことももちろんあります。

これが株式相場です。しかし、勝ち続ける、というのは非常に難しく、世界一の投資家と言われるウォーレンバフェット氏の平均リターン21%というのは、本当に驚異的な数字なのです。

 

加えて、これは私がサラリーマンであり、所得税に不満があることから触れることではありますが、株式投資は税金がとても安いです。

1億円を株式投資で大儲けしたら、税金は約20%で2000万円が徴収されます。

しかし、サラリーマンとして、所得が1億円になると、所得税45%と住民税10%、控除を考えても、5000万円ほど税金に消えていきます。

 

株式投資にかかる税金をキャピタルゲイン税と呼びますが、所得税に比べると非常に安いですよね。資金効率が非常に良いです。

(香港やシンガポールなど海外に出ると、このキャピタルゲイン税ですら0%になることを考えると日本は高税率大国であることがわかるのですが、これはまた別の機会にでも)

 

まとまったお金は株の個別株投資はおすすめしない

株式相場は難しすぎます。まとまった資金を、例えば1000万円、2000万円と同じ銘柄に注ぎ込んでしまったりする投資をする人が多いですが、十分な経験はありますでしょうか?

短期的に一気に儲けよう、という人がとても多いのが株式相場の特徴であり、SNSで大儲けしている人を目の当たりにして、焦る気持ちが出てしまう、魔の空間です。

 

しかし、相場経験の長い人でも負けてしまうのが株式投資です。

やはり、勝率が高いファンドに託すのが良いでしょう。まとまった資金を寝かせておくのも勿体無いです。

ファンド選びは、個別銘柄と異なり、ファンド方針、ファンドマネジャーの見極めになります。

 

個別株銘柄はウォッチしなければならない指標がたくさんあり、投資手法次第では売買が忙しくなり、冷静さを保つのもまた難しいです。

個別株が厳しければ、投資信託やヘッジファンドが選択肢になりますが、ファンドの過去のリターン、勝率をしっかり見極めるようにしましょう。

 

【2020年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

 

 

まとめ

今回は株で大儲けできるのかどうか、またそのメリットやリスクなどをお話ししました。

投資は人生で避けられないものです。しっかりとした知識を身につけ、資産を増やしていきましょう。

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-まとまったお金の資産運用法

Copyright© 30代サラリーマンの資産運用録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.