投資信託

【愛称:H2】資本財・テーマ型で評判のグローバル水素株式ファンドを徹底分析!運用実績や利回りは?

【愛称:H2】資本財・テーマ型で評判のグローバル水素株式ファンドを徹底分析!運用実績や利回りは?

今回はH2を分析していきたいと思います。元素記号が愛称となっていますが、水素銘柄に特化しているのでしょうか?

面白いファンドですが、じっくり見ていきたいと思います。

テーマファンドなので、タイミングが最も大切になってきますね。

 

グローバル水素株式ファンドはどんな投資信託?

概要は以下です。

主として、「グローバル水素株式マザーファンド」を通じて、日本を含む世界の株式(DR(預託証券)を含む。)の中から、今後の成長が期待される水素関連ビジネスを行う企業の株式を中心に投資を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

日経新聞

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象 地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):株式
  • 投資対象資産:その他資産 (投資信託証券 (株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル (含む日本)
  • 投資形態:ファミリー ファンド
  • 為替ヘッジ:なし

 

投資対象は水素関連ビジネスを行う企業の株式に長期投資することになっています。

主として、日本を含む世界の金融商品取引所に上場されている、水素関連ビジネスを行なう企業の株式 に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行ないます。

運用プロセス

 

運用は日興アセットマネジメントヨーロッパ リミテッドが行います。

 

日興アセットマネジメント ヨーロッパ リミテッドについて

 

組み入れ銘柄

国別の割合は以下になっています。やはりどうしてもアメリカが大きくなりますね。

国・地域名 比率
アメリカ 55.20%
フランス 7.10%
イギリス 6.20%
オーストラリア 5.30%
日本 5.20%
中国 3.90%
デンマーク 3.20%
フィンランド 2.80%
韓国 2.60%
カナダ 1.70%

 

セクター配分は以下の通りになっています。資本財・サービス、エネルギーが上位にあり、水素関連ビジネスならではの並びになっています。

 

業 種 比率
資本財・サービス 51.50%
エネルギー 20.80%
素材 13.90%
情報技術 10.50%
公益事業 0.70%

 

 

具体的なポートフォリオは以下です。2022年の10月末の情報です。やはりプラグパワーが入っていますね。

No. 銘 柄 名 国・地域名 業 種 投資カテゴリー 比率
1 CHART INDUSTRIES INC アメリカ 資本財・サービス 運ぶ・貯める 5.60%
2 PLUG POWER INC アメリカ 資本財・サービス 使う 5.40%
3 KBR INC アメリカ 資本財・サービス 運ぶ・貯める 5.40%
4 WORLEY LTD オーストラリア エネルギー 運ぶ・貯める 5.30%
5 LINDE PLC イギリス 素材 つくる 4.60%
6 AIR PRODUCTS & CHEMICALS INC アメリカ 素材 つくる 4.30%
7 BLOOM ENERGY CORP- A アメリカ 資本財・サービス 使う 4.30%
8 AIR LIQUIDE SA フランス 素材 つくる 3.90%
9 SCHLUMBERGER LTD アメリカ エネルギー 運ぶ・貯める 3.80%
10 CUMMINS INC アメリカ 資本財・サービス 使う 3.70%

 

CHART INDUSTRIES INCの直近の株価は以下です。11月に大暴落していますね・・・。10月末の月報ですからこの影響は含まれていません。

GTLS株価

 

プラグパワーも2021年初期までは大暴騰しましたが、さすがに賞味期限切れですね・・・。

プラグパワー株価

 

 

ファンド売買手数料、信託手数料

当然アクティブファンドなので手数料は高めです。

 

購入時手数料は3.3%(税抜3.0%)、運用管理費用 (信託報酬)は年1.6885%(税抜1.535%)です。

信託財産留保額はありません。

 

 

基準価額チャートリターン・利回りは?

基準価額チャートは以下の通りとなっています。まだまだ2021年に運用開始した新しいファンドですので情報が少ないです。

運用実績

 

2021年の後半から運用開始とまさに2022年初期の暴落をモロに被っているファンドです。さすがにこの期間に結果を出せとは言えませんね。せめてプラスでリターンを出してほしいところですが。

基準価額は9,907円とマイナス運用になっています。

 

1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) 設定来
トータルリターン 7.93% -1.31% 4.01% -12.39% -- -- -- -0.93%

 

直近1年はどうしても厳しいですね。

 

掲示板やSNSでの評判・口コミは?

Yahoo!ファイナンス↓

水素、きたー!

あと少し下げたら買うかな?w ̄(=∵=) ̄

とーぶん上がらんよ。

まだこれからの分野だからジワジワと上がっていって欲しいね。

皆さんは、短期保有ですか?それとも長期?
自分は、短期で狙いたいかな。と
同じ日興アセットマネジメントのゼロコンでダメージ食らってます。
部分売りしたけど、まだ半分は手放せない状態。
部分売りした分を、こちらに追加予定です。
こちらは、8月に出たばかりなので、今後が楽しみです。宜しくお願い致します。

 


 

まとめと2022年、23年の今後の見通し

水素関連ビジネスは注目されていますが、一大ブームが2020年に終わってしまいました。プラグパワーの株価を見ればわかると思いますが、一度ブームになり、その後しばらく沈み、そしてまたしばらく経った後にブームになっています。

水素は既に2回ブームになっているので、次のブームがくるのかどうかすらわかりません。基本は二度が最大です。それ以上のイノベーションが起こるのが普通です。

 

Plug Power Inc株価

 

セクターとしても資本財ですので、景気拡大局面後半で輝くセクターです。景気拡大局面は明らかに終わり、現在株式市場は不況を織り込んでいる最中です。

利上げが終わり、利下げとなり、景気が拡大していく局面で、後半に資本財は伸びますので、今のセクターローテーションから最も遠い場所にいると言っていいでしょう。

つまり、このファンドを買い判断することはしばらくないということです。

 

 

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-投資信託

© 2023 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5