株式投資

お金の学校「グローバルファイナンシャルスクール」の講師となっている上野由洋氏とは?

2021年2月18日

筆者は「お金の学校」である「グローバルファイナンシャルスクール」に参加して2年となっています。

→ 【GFS】評判の『グローバルファイナンシャルスクール』ってどんなスクール?2年間受講した筆者の体験を踏まえて徹底評価!

 

同スクールの魅力の1つとして語られるのが上野由洋氏がいます。

上野氏は同社の無料体験講座「投資の達人になる投資講座」や本コースで大人気の「ライブ講義」の講師を担当しています。

本日は上野由洋氏がどのような方なのか?

どのような講義を行っているのか?

という点を中心にお伝えしていきたいと思います。

上野由洋氏の経歴とは?

上野由洋氏

上野由洋氏の簡単な経歴は以下となります。

✔︎ 神戸大学経営学部卒 (加護忠男ゼミ)
✔︎ 報道記者として活躍 (情熱大陸の政策にも携わる)
✔︎ TBS「報道特集」等にも出演経験あり
✔︎ 映画会社を手がけ中国で「君の膵臓を食べたい」(アニメ版)をプロデュース
✔︎ GFSの運営元であるFree Life Consulting Groupを運営

 

報道記者として活躍した後に事業化として幅広く活躍している方ということが見て取れます。

その後は独立し既に20社近くを経営し年商70億円を稼ぎ出す敏腕事業家としての道を歩まれています。

「金持ちより人持ちになれ」という言葉が信条で人脈を構築していった結果、

安倍総理とフィリピンのドゥテルテ大統領との晩餐会にも参加するほどになっています。

同じ30代なのに驚くほど大きな人的資産を保有していることに驚愕させられました。

 

上野氏と安倍首相との晩餐会

 

その他にもJICA理事長や国際交流基金理事長などとの交流もあるそうです。

 

上野由洋氏の交流関係の広さ

 

投資家としての実力も折り紙つきです。17歳から投資を始めて現在彼の資産は数十億にまで膨張しています。

報道記者としての強みを活かしながら常に投資の最前線を探求している実践者として日々研鑽を積んでいる方です。

 

グローバルファイナンシャルスクールの無料体験講座である「投資の達人になる投資講座」で実際の投資リターンを見せてくれています。

軒並み倍以上になっている銘柄を保有しており本当に凄腕の投資家であることが理解できます。

以下は市川雄一郎氏と彼が講師を務める「投資の達人になる投資講座」での一幕です。

 

→ 【投資の達人になる投資講座】評判のグローバルファイナンシャルスクール主催の株式投資初心者向けセミナーを受講した体験を踏まえて徹底評価!注目のオンライン講座はおすすめできるのか?

 

上野氏の投資実績

 

 

上野由洋氏がフローバルファイナンシャルスクールで提供する講義とは?

上野由洋氏がグローバルファイナンシャルスクールで提供する2つの講義についてお伝えしていきたいと思います。

市川雄一郎氏と提供する体験講座「投資の達人になる投資講座」

まず、最初に彼がグローバルファイナンシャルスクールの校長と共に提供しているのが「投資の達人になる投資講座」です。

市川雄一郎氏と上野由洋氏が講師の投資の達人になる投資講座

 

一般的な投資スクールの無料体験講座は本当に基礎的なことしかなぞりませんが、

「投資の達人になる投資講座」は初心者にもわかりやすいように実践的な内容も提供しています。

 

投資の達人になる投資講座では投資がなぜ必要なのかを前半のパートで説明してくれます。

投資が怖いと考えている方も、前半パートを聞くだけで世界観ががらっと変わるかと思います。

 

さらに後半パートではより実践的に、実際に上野氏が銘柄を選択していく過程をライブ形式で見せてくれています。

投資のプロが実際に銘柄を選ぶ条件を教えてくれて、更に実際に選択していく過程を見せてくれる無料講座は他に類を見ません。

実際に参加した筆者の感想を踏まえて以下で詳しくお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

投資の達人になる投資講座の公式ページは以下となります。

金八先生で有名な武田鉄矢氏をイメージキャラクターに使用しており力のいれようがわかります。

 

投資の達人になる投資講座

 

 

 

 

グローバルファイナンシャルスクールの本講座で提供されているライブ講義

グローバルファイナンシャルスクールの本講座では上野氏はライブ講義を提供しています。

 

評判のライブ講義

 

ライブ講義は定期的に開催されており、その中で現在有望な銘柄をライブ形式で分析をしてくれます。

以下が過去のライブ講義の実績ですが、選出された銘柄は高確率で高いリターンを叩き出しています。

ライブ講義で取り上げられた銘柄のリターン

 

銘柄選択術は本物であるということができるでしょう。

上記で終了となっているものが既に投資を終了しているものとなり、その他は継続中の銘柄となっています。

企業の本質的な価値をみて投資するので上記でマイナスのリターンとなっているものも、

今後値上がりすることを期待して経過観察という状態になっています。

 

まとめ

上野由洋氏は報道記者としての経歴をへた後、独立している30代の敏腕事業家であり投資家です。

既に20社以上を経営し、運用総資産額は10億円を超えています。

銘柄選択術は確かなものがあり彼が目をつけた銘柄は大きく値上がりする傾向があります。

グローバルファイナンシャルスクールでは彼の銘柄選択術を実際の相場を用いて体験することができるのでスクール生として筆者も日々舌を巻いています。

 

→ 【GFS】評判の『グローバルファイナンシャルスクール』(GFS)ってどんなスクール?2年間受講した筆者の体験を踏まえて徹底評価!

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-株式投資

© 2022 40歳外資系サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5