1000万円資産運用

貯金1000万円を高速で増やすために20%以上の利回りで運用すること難しい!?バフェットの長期リターンと肩を並べられるのか?

貯金1000万円を高速で増やすために20%以上の利回りで運用すること難しい!?バフェットの長期リターンと肩を並べられるのか?

貯金1000万円を出来うる限り早い利回りで大きな資産を築き上げたいという方も多いと思います。

今回は20%という運用利回りを継続的に出し1000万円を大きく増やしていきたいという方に向けて執筆していきたいと思います。

 

年率20%を『継続的に』出すことの難しさをお伝えすると共に、

1000万円を運用する際の考え方についてお伝えしていきたいと思います。

 

1000万円を年率20%で『継続的に』運用『出来たなら』資産は爆発的に増加

20%といえば大した利回りではないと考えられた方もいらっしゃると思うのですが、

年率20%で運用できたとするならば以下のように1000万円は爆発的に増加します。

1000万円を20%で運用した場合の資産推移

資産
現在 1,000
1年目 1,200
2年目 1,440
3年目 1,728
4年目 2,074
5年目 2,488
6年目 2,986
7年目 3,583
8年目 4,300
9年目 5,160
10年目 6,192
11年目 7,430
12年目 8,916
13年目 10,699

 

1000万円を継続的に20%で運用できれば9年目に5000万円を超え、

13年目には1億円を突破するという驚異的な速度で資産が形成されていきます。

 

しかし、これはあくまで継続的に年率20%という利回りを達成できた場合の話です。

単年度や数年間年率20%以上のリターンをだすことは可能ですが、

十年以上にわたって20%の利回りを出すのは非常に難しいことなのです。

 

年率20%の運用益を10年以上続けるにはバフェット並の投資力が必要

年率20%以上のリターンを継続することが容易ではないことを考える上で最もわかりやすいのが、

投資の神様『ウォーレン・バフェット氏』の1965年~2017年の53年間の年平均リターンは、

最新のバフェットからの手紙(2019年版)によると20.3%となっています。

 

バフェットは将棋でいうと羽生善治名人、野球でいうとイチロー、サッカーでいうとメッシのような人です。

頂点に立つ人が達成できる継続的な運用リターンが20.3%なのです。

 

バフェットは年率20%ものリターンを半世紀以上も繰り返したことによりForbsの2020年度版で世界長者番付で第6位となっています。

 

1位:ジェフ・ベゾス/1850億ドル(米国/アマゾン)
2位:イーロン・マスク/1745億ドル (米国/テスラ)
3位:バーナード・アルノー/1560億ドル(フランス/LVMH)
4位:ビル・ゲイツ/1239億ドル(米国/マイクロソフト)
5位:マーク・ザッカーバーグ/967億ドル (米国/フェイスブック)
6位:ウォーレン・バフェット/944億ドル(米国/バークシャー)

<引用:Forbs JRanking>

 

944億ドルといえば日本円になおすと10兆円というレベルになります。

1位はあのAmazonを創業したジェフ・ベゾス、2位は大躍進したテスラを創業したイーロン・マスク、

3位はルイヴイトンのバナード、4位のマイクロソフト創業者のビルゲイツ、5位のFacebookのザッカーバーグと、

世界的大企業の創業者又は創業一族でしまています。

 

一方、バフェットは特に事業を起こしているわけではなく投資会社バークシャー・ハサウェイを通じて運用を行うことで世界的な富豪になっているのです。

如何に50年間にわたって年率20%を継続的に出す偉大さが分かると思います。

 

因みに100万円を年率20.3%で運用し続けた場合、53年後には233億円ということになります。

桁が4つも変わっており如何に複利の力が偉大かということが分かります。

因みに偉大なバフェット氏もリーマンショック時の2008年には▲31.8%の大暴落を味わっているので完璧無双というわけではなさそうですね。

 

年率20%のリターンを出すために、ウェーレン・バフェットが運営しているバークシャー・ハサウェイに投資をするという手法が考えられます。

しかし、ウェーレン・バフェット氏は御年88歳となっており、更に近年の成績は年齢もあってか悪化しています。

直近2011年からのバークシャー・ハサウェイのリターンのリターンはS&P500指数に劣後したものとなっています。

 

バークシャーとS&P500指数の過去10年の比較

バークシャー S&P500
2011年 -4.70% 2.10%
2012年 16.80% 16.00%
2013年 32.70% 32.40%
2014年 27.00% 13.70%
2015年 -12.50% 1.40%
2016年 23.40% 12.00%
2017年 21.90% 21.80%
2018年 2.80% -4.40%
2019年 11.00% 31.50%
年率リターン 10.90% 11.98%

 

 

年率20%を長年継続できる投資先はあるのか!?

まず平均的なリターンを挙げる指数の中で最も安定して高いリターンを長期間挙げている米国株式市場のリターンは7%~8%となっています。

高い成績ではありますが20%には遠く及びません。

 

資産運用の長期リターン

 

日本でいうと今一番話題にあがっている『ひふみ投信』ですが、カンブリア宮殿に登場して純資産が急騰したことで風向きが変わりました。

直近3年間だと日経平均にも劣後する成績に終わってしまっています。

青:ひふみ投信
赤:日経平均株価

直近3年間のひふみ投信と日経平均の比較

 

本来、ファンドマネージャーの藤野英人氏が得意とする小型グロース株投資だけでは運用できなくなってしまいました。

結果としてポートフォリオは大型株中心となりパフォーマンスは日経平均と同様又は劣後したものとなってしまっているのです。

 

下落リスクを最小限に抑えながら15%程度のリターンを継続的に出す投資先

総じて10年以上、20年以上というレベルで20%以上のリターンを出すのは難しいことがご理解頂けたかと思います。

市場下落時には株価指数、バフェット、ひふみ投信、全て大きな下落を被っています。

 

資産運用を行う上では下落を出来うる限りさけ、年率10%程度のリターンを継続的に出すことが肝要とされています。

下落を最大限抑えるためには単純に株式投資をおこなっているだけでは不可能です。

☞ 個人投資家が狙うべき利回りはどれくらいが最適?年利10パーセントを超える資産運用方法はあるのかを考察

 

その為、株式市場とは異なる動きをするオルタナティブ投資が急速に注目を集めています。

☞ オルタナティブ投資登場前夜!ポートフォリオ理論の進展とシステミックリスクの発見。
☞ オルタナティブ資産の種類とおすすめ投資先とは?オルタナティブ投資を実践すべき理由とともにわかりやすく解説する!

 

オルタナティブ投資は株の値動きと連動しない資産でポートフォリオの安定性を高める投資先として注目を集めています。

オルタナティブ投資を活用して米国の機関投資家は年率10%程度のリターンを継続して20年以上にわたり叩きだしています。

実際、ハーバード大学の基金はポートフォリオの70%をオルタナティブ投資で構成しています。

 

ハーバード大学のポートフォリオ

☞ 資産分散を行い市場平均をオーバーパフォームする投資ポートフォリオを組成する為の考え方

 

オルタナティブ投資の中でも代表的なものとしてヘッジファンドがあります。実際上記の通り、ハーバード大学もヘッジファンドを一番多く組み入れています。

ヘッジファンドはいかなる市場環境でもリターンをだすことを至上命題として絶対収益型のファンド形態です。

☞ ヘッジファンドとは何者?わかりやすく簡単に解説。私募(プライベート)ファンド・公募ファンド(投資信託)の違いを理解しよう!!

 

ヘッジファンドはITバブル崩壊で利益を得たところから注目度がたかまり、リーマンショックも軽傷で乗り切ったことで機関投資家から重用されるようになっています。

今までは海外の機関投資家や富裕層のみしか門戸が開かれていませんでしたが、近年では日本でも投資できる環境が整ってきています。

以下で筆者が投資しているファンドを含めてランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

【2021年・国内和製優良ヘッジファンド】おすすめ投資先ランキング〜リスクを抑え安全・着実に資産を増やせる運用先を紹介〜

 

今回のまとめ

1000万円を年率20%で運用を続けた場合13年で1億円を達成することができるのですが、

年率20%を達成するには非常に難しく10年以上継続するのは至難の業であり現実的ではありません。

 

通常の投資では難しいですが、オルタナティブ投資の代表格ともいえるヘッジファンドを用いれば、

年率10%以上のリターンを下落リスクを抑えながら追求することが出来ます。

 

その他にも1000万円を運用する際に候補となりうる投資先を狙える利回り毎に、

以下に包括的に纏めていいますのでご覧頂ければと思います。

 

☞ 1000万円を10年間資産運用!投資先はどこがベストなのか?利回り毎におすすめ投資手法を紹介する。
1000万円を株式投資で資産運用!セミリタイアはどれくらいで可能なのか?おすすめ投資手法・投資先も紹介。短中長期投資/グロース/バリュー/利回り/ポートフォリオ
☞ 1000万円をインデックス投資すると何年でどれくらいの資産になるのか?選ぶべき投資信託と収益シミュレーションを実施。S&P500/NASDAQ/VTI/TOPIX
☞ 退職金の1000万円を資産運用する考え方。老後に向けて、ハイリスクは避けた堅実な投資をしよう。
☞ 1000万円以上の資産を大口定期預金で運用。銀行の優遇メリットと金利比較!おすすめは?どこに預けるべきか。
☞ 【1000万円の資産運用先】国債は買ってはいけない。しっかり儲かる投資先を市場の状況から選定しよう。
☞ 自己資金1000万円で不動産投資はやめとけ?不労所得生活は達成できるのか?もっと効果的な資産運用で人生の充実を送ろう。
☞ 貯金1000万円を元本保証で資産運用したいという方は必見!知られざる積立型保険の欠陥についてもお伝えする。

最後に

投資

 

>>>個人的おすすめファンドランキング

 

私がファンドを選ぶ際に気をつけていることは、「長期で明確な戦略を実行し」、「確かなリターンをあげている」「経歴、実績共に優秀なファンドマネジャーが運用しているかどうか」、これだけです。

短期間における投資ファンドのハイリターン実績は全て無視しています。真に勝率が高い投資家は長期でみると、ピカピカな運用実績に収束します。

しかし、短期は短期。ただの運である可能性が高く、ファンドの本当の実力を測れるものではありません。

日々の膨大なニュースに翻弄され、株価の上げ下げで感情的に取引してしまう個人投資家が日本には溢れています。

しかし、投資とは自身の得意とする、勝率の高い戦略を見つけ、愚直に実行するだけなのです。これには膨大な作業量(決算読み込み、市場調査など)と強い精神力を必要とします。

このように、本当は投資とはシンプルでつまらないものです。

 

投信やヘッジファンドを選ぶ際は、この投資の考え方、哲学をしっかり持っているファンドマネジャーが在籍するファンドを選びましょう。それだけで大損することはまずありませんし、周囲の人が驚くようなリターンを自身があげていることに気づくはずです。リターンの差とはこの思考、また投資とは何かを知っているかどうかで大きく変わります。

 

勝率の高い投資戦略を愚直に実行しているファンドマネジャーが在籍するファンドを私の目でも選んでいますので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

-1000万円資産運用

© 2021 30代サラリーマンの資産運用録 Powered by AFFINGER5